「休ませる勇気を持てなかった」

「SPUR」8月号の宇都宮さんの記事をめぐって、思った事を少し書いてみたいと思います。
申し訳ありませんが立ち読みです。

現在、ANAの監督である城田さんは、羽生選手にとって、長く支えてきてくれた大切な恩人なのだと思います。
実体のよくわからない「チーム羽生」だけれど、おそらく現在のリーダーは城田さんなのでしょう。
城田さんは、羽生選手にとって世界選手権の2位がどんなに悔しい負けなのか、自分の事として受け止めているのだと思います。
そして、羽生選手の足の痛みも、自分の痛みのように辛く感じていたのではないかと思いました。

ワールドの時、オーサーコーチは、羽生選手の様子をちゃんと見ていなかったのでは。
怪我が重たいのは羽生選手の方なのに、ハビエル選手に目が行っていたのでは。
そんな疑問の声が、ネット上にあったと思います。

でも、この記事からは、羽生選手の近くにいてサポートし、判断していたのはオーサーさんではなく城田さんであり、城田さんはその責任を重たく感じているのだと読み取れます。

…ショートのあとで、足の腫れを冷やしてあげればよかった。
公式練習を休ませればよかった。
詰めが甘かった。
休んでいたら羽生が勝っていた。

「休ませる勇気を持てなかった」と、ご自分の失策を率直に認めた城田さんの、反省と後悔の、どうしようもない苦さが伝わってきました。

眠れなかったと言っていた、練習にアンダーアーマーを忘れてきた羽生選手の姿を思い出します。

たくさんの選手を長くサポートして来られた城田さんにして、返す返すも、残念なことでした。

でも今、トロントにいてリハビリ途中の羽生選手を、その反省のもとでサポートしてくださっているのなら、ありがたいなと思います。

城田さんはコーチではないので、オーサーさんとの権限の住み分けはできているのだろうと思います。
ですが、羽生選手に限らず、世界で戦っていく選手にとって、身内のようになぐさめ一緒に泣いてくれる、心許せる人が必要なのと同じように、第三者的にアドバイスをしてくれる、時には苦言を言って諌めもしてくれる人も、また必要なのだと思います。




関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

神様からの贈り物

yuzurufight様 こんばんは。

FaOIの詳細なレポ、感謝して読ませていただいてます。
感想はまた別に書きますね。

私もオール読物、SUPRの記事は読んでみました。読んでみましたが、昔から勝負に「たら、ればはないよ。」とよく言われます。仮に城田さんがおっしゃるように、やるべきことをやっていたら勝てたかもしれない。でも勝負は時の運もあるでしょう。やるべきことをやり尽しても負ける時は負ける。残酷だけれど勝者は一人なのです。

私はボストンの試合の結果は、羽生選手にとっても私達ファンにとっても辛いことだけれど、神様が真に大切なことは何か考えさせてくれているように思います。

世界最高得点を2度も出して、勝ち続けている時には見えないものが負けたからこそ見えてくる。だから羽生選手にとって今は気づきの時であり、明日への充電期間なのでは。

情報は時に、助けになることもあれば、反って中途半端に聞いてしまって、不安になることもある。
私自身は、基本的にスポーツ選手を応援する時には試合の結果がわかれば十分だと思います。私には、関係者の舞台裏の記事が読めても、そこを評価・判断できるほどの知見や経験もない。

だから、自分自身の反省点として、これからは負けは負け、勝ちは勝ちと潔く認めて、また、明日頑張ればいいとシンプルに努めたいと思っています。
(原因が何だと詮索して迷路にはまって、出口が見えなくなることがよくあるんです。そしてぐずぐず引きずっちゃう。)

たんぽぽさま

こんばんは。コメントをくださってありがとうございます。

> FaOIの詳細なレポ、感謝して読ませていただいてます。

読んでいただけたのならうれしいです。 会場のその場でメモを取ったわけではないので、記憶に残ったことと、放送を見て気がついた事と、混ざっているかと思います。

> 仮に城田さんがおっしゃるように、やるべきことをやっていたら勝てたかもしれない。でも勝負は時の運もあるでしょう。やるべきことをやり尽しても負ける時は負ける。残酷だけれど勝者は一人なのです。

オール読物の方は読んでいないので、そちらについてはわからないです。
もちろん、勝負に「たられば」があるわけはありません。
まさか、それを知らない城田さんではないと思います。
でもこの場合は、それとはまた別な次元で、城田さんがいかに悔いているかを強調したくて、あえて「もし…だったら」と言っているのだと思いました。

城田さんが自分の失策をはっきりと認めた、それならば、これから先二度と同じことはやらないだろう、と。
羽生選手は、自分を変えられないと思っているかもしれないけれど、城田さんは変えるつもりなのだろうと、そう思いました。

> 世界最高得点を2度も出して、勝ち続けている時には見えないものが負けたからこそ見えてくる。だから羽生選手にとって今は気づきの時であり、明日への充電期間なのでは。

はい、気がついて、平昌に向けての転換点となってくれればいいなと思います。

> 私自身は、基本的にスポーツ選手を応援する時には試合の結果がわかれば十分だと思います。私には、関係者の舞台裏の記事が読めても、そこを評価・判断できるほどの知見や経験もない。

そうですか? 私にももちろん知見も経験もないですよ(笑)

私も、特に関心の深くないスポーツには、試合の結果がわかれば充分だし、オリンピックでもなければ見ようとも思わない競技もたくさんあります。
よほどでなければ、自分でブログを書こうなんて思わないです(笑)

メディアが伝える情報には、虚構もあれば誇張も、偏見も誘導もあると思います。
特に、客観的な事実と、メディアの意見とが混在している記事には、注意が必要だと思います。

でも、読んで、自分の感想や意見を書きたくなったら書きますし、そう思わなかったら書きません。

> (原因が何だと詮索して迷路にはまって、出口が見えなくなることがよくあるんです。そしてぐずぐず引きずっちゃう。)

宇都宮さんの記事は、インタビュー、レポートではなくエッセイ風なので、どこまでが宇都宮さんの意見なのか、はっきりしないところがあると思います。
でも、前回の宇都宮さんは、休むという選択をして彼らしくいられただろうか、と書いていました。
それだけ、羽生選手に練習を休ませようというのは、大きな転換なのだと思います。
城田さんの存在は羽生選手にとってとても大きいと思います。
出口が見えてくるために、私はこの記事を書きたいと思いました。

No title

早速の丁寧なご返事有難うございます。


>もちろん、勝負に「たられば」があるわけはありません。
まさか、それを知らない城田さんではないと思います。
でもこの場合は、それとはまた別な次元で、城田さんがいかに悔いているかを強調したくて、あえて「もし…だったら」と言っているのだと思いました。

もちろん承知の上で書かせていただきました。

城田さんは長い間日本のフィギュアスケート界を支えてこられた方であり、表も裏も示唆を嘗め尽くしてこられた方でしょう。
その彼女が敢えて試合の結果にまで踏み込んで自分の責任と言い切っていることに引っかかりました。その言葉の重みにです。

それは裏を返せば選手やコーチに非難の火の粉がかからないようにしている、世論への配慮もあったのではないでしょうか。

>城田さんが自分の失策をはっきりと認めた、それならば、これから先二度と同じことはやらないだろう、と。
羽生選手は、自分を変えられないと思っているかもしれないけれど、城田さんは変えるつもりなのだろうと、そう思いました。

神様は羽生選手に「君が真の王者になるために何が必要が考えてごらん。」と宿題を出されたのでしょう。私はその宿題を完了させるのは羽生選手自身だと思っています。
周りの方に守ってもらって勝たせてもらうのでなく、周りの方の意見に耳を傾け、苦手なこともやってみる度量もこれからは求められるでしょう。

>メディアが伝える情報には、虚構もあれば誇張も、偏見も誘導もあると思います。
特に、客観的な事実と、メディアの意見とが混在している記事には、注意が必要だと思います。

SNSも含めて溢れる情報の中で取捨選択が難しいのです。試合が終わってすぐ流れる報道の他に、選手やコーチへのインタビューなど、また、それらに対する感想や意見。特に意見はなるべく色々な意見を把握した上で自分がぶれない所で、考えをまとめるようにはしていますが。

羽生選手がソチオリンピックで優勝する前は、浅田選手、安藤選手、高橋選手、織田選手、小塚選手など全日本の一人として応援してきました。試合の勝ち負けに一喜一憂したり、スランプや怪我で苦しむ選手を思いやったり、もっと気持ちの持ち方も単純だったかもしれません。

今の私は、羽生選手関連の情報の渦の中で、もう少し自分の原点に立ち返った応援に戻りたいという気持ちが強いのかもしれませんね。

彼の周りにはそれこそ専門家集団がついているのだから、羽生選手とチームブライアン、チーム羽生を信じて見守ろう、余計なことは詮索しまい、そう思うこの頃なのです。

たんぽぽさま

こちらこそ、お返事ありがとうございます。

> もちろん承知の上で書かせていただきました。

そうでしたか、それは失礼してごめんなさい。

> その彼女が敢えて試合の結果にまで踏み込んで自分の責任と言い切っていることに引っかかりました。その言葉の重みにです。
> それは裏を返せば選手やコーチに非難の火の粉がかからないようにしている、世論への配慮もあったのではないでしょうか。

はい、そうだと思います。
ですから、城田さんの発言を記事にしようと思ったのです。
休む勇気を彼に、というのは、大きな転換だと思ったからです。

もちろん羽生選手ご本人は、周囲の責任などにはせず、支えてもらっている事にとても感謝していました。

> 神様は羽生選手に「君が真の王者になるために何が必要が考えてごらん。」と宿題を出されたのでしょう。私はその宿題を完了させるのは羽生選手自身だと思っています。

羽生選手は、この冬、もう症状が出ているのに、「あともう5分いいですか?」と深夜の練習を延長したり、1月の中旬までショーのゲストに出演して4Loを跳んだりしていました。
特に、震災に関連したこととなると、出たい気持ちが強い羽生選手です。
それをコントロールするのは、やはり周囲のマネジメントの大きな仕事だと思います。

なぜなら、試合もショーも大好きな彼、休みたくない彼、ファンを大切にする彼、だからです。
そしてそんな彼が、健気で一生懸命だ、と讃えられているからです。
今、数か月姿が見えなくても、羽生ロスと言って嘆いている声が、彼に届かないわけはないからです。

監督である城田さんが、休む勇気を持てなかったと自ら言っていることは、ファンに対しても大きなメッセージだと思います。

> SNSも含めて溢れる情報の中で取捨選択が難しいのです。試合が終わってすぐ流れる報道の他に、選手やコーチへのインタビューなど、また、それらに対する感想や意見。特に意見はなるべく色々な意見を把握した上で自分がぶれない所で、考えをまとめるようにはしていますが。

例えば、最新情報をたくさん載せてくださっているサイトがいくつかありますよね。
それはとてもありがたい事です。
でも、すべての情報を網羅しているわけではないと思います。
どこかで、サイト運営者の判断による取捨選択があると思います。

私も、ここで何を取り上げるか、取り上げないか、いつも判断して選択しています。

今すでに6月も終わろうとしています。
でも先日、「ライフ」の記事への批判がネット上で起こり、アマゾンのレビューにも書かれていました。

匿名の声が他の人たちにあっと言う間に影響を与えていく時代です。
良識ある人たちは、むしろ沈黙しているのかもしれません。
羽生選手のファンはいま圧倒的な多数ですが、他の選手のファンからどう見えるのか、特にスケートに興味のない人たちからどう見えるのかも、私は関心があります。

たんぽぽさまの、「羽生選手とチームブライアン、チーム羽生を信じて見守ろう、余計なことは詮索しまい」というのも、立派なご意見であり、見識だと思います。

私は、自分の思ったことを書くためにブログをやっているので、それはご理解いただけたらと思います。

こんばんは。
そーですねー。オーサーさんやハビのことなんやかんや言われてるようですね。
Lifeやら羽生くんの自伝やら…皆さん情報無くてカリカリしてたかな、と。
きょう、ワールドの男子フリーの録画まだ観ていなかったのを(観る度胸が無かった)観たんですが、ラトデニ(ラトビアのデニスくん)と羽生くん、ハビ以外は早回し!偏向してます!
改めて観てみると、むしろオーサーさん、辛抱強く選手と付き合うコーチだと思いました。
羽生くん、『キリトル』のネタになってましたが、バックヤードではイヤホンで音楽聞きながらずっとエアボーカルしていた?
もうぐちゃぐちゃですがな(--;)
それでもオーサーさんはそばに居たんですよね。すごく困ったお顔でした。
どこかの雑誌で、都築先生のインタビューで、今シーズンの羽生くんのジャンプがどうも良くなかったのが気になっていた、というお話がありました。
私も夏のアイスショーの頃よりシーズン入ってからのジャンプがほどけてるなあ、と感じていたので、やっぱり誰が見ても故障を感じるものだったかなと思いました。
ましてオーサーコーチが、羽生くんの足の怪我に気がつかなかったはずがなく、もしかしてですが、羽生くんが自分でこんなやり方ダメだなと理解するまでやりたいようにさせたかもしれません。
だって羽生くん、ガンコモノですから(・・;)
オリンピックを目標にするなら、今年のワールドの成績より本人が自覚してくれることの方が大事、という考え方もオーサーさんにはあったかもしれません。
城田さんがうまくスケジュール管理なんかもやってくださるのでしょう。
クリケからも色々と映像を出してくれてますね。
さりげなく、奥のほうで羽生くんとオーサーさんが滑っているのを見せてくれるのが精神安定剤、ありがたいです。
あとは今週末くらいですか?GPSのアサイン発表とか、羽生くん初戦はどこだろうとか、新プログラムはどんなかな?とかワクワクすることがいっぱいですね!

ところで「週末仙台」送られてきました!
仙台市、やけくそで応募者全プレにしてたりして(^-^;
さすが女性誌のプロの仕事、素敵な本です。
それから、最近ずんだ餡を手作りするのにハマってます。
自己流なのでテキトーな作り方ですが、自分的においしいです。この夏の主食は枝豆!
テレビ番組もアナウンサーが宮城の方言でしゃべるのをみつけて、これがとても楽しくて、また仙台行きたい~仙台出張ないかなぁ( ̄▽ ̄;)
では、遅くに失礼しました~。


pupuさま

こんばんは。コメントをくださってありがとうございます。

> Lifeやら羽生くんの自伝やら…皆さん情報無くてカリカリしてたかな、と。

Lifeは、何度も読み返したくなるような行き届いた構成の雑誌で、選手ひとりひとりへのリスペクトがあって、読み流してしまうにはもったいないな、と思いました。
なのに、数行の記事にたいして、非難されたことは残念だと思います。
「蒼い炎2」は、Life編集部の担当ですが、何ごともない事を祈ります。

> 羽生くん、『キリトル』のネタになってましたが、バックヤードではイヤホンで音楽聞きながらずっとエアボーカルしていた?

ああいうのは記事にしていないんです。
本人はもう必死で集中しようとしてるのに、周りから見るとびっくり…って、なんだか気の毒なような。

> それでもオーサーさんはそばに居たんですよね。すごく困ったお顔でした。

ああいう時にテレビに映るのはオーサーさんの方ですよね。
そういう配慮はしてあると思います。
ただ、試合直前に、ハビエル選手にはオーサーさん、羽生選手には菊池さんがついている、というシーンは何度か見た気がします。
ハビエル選手には、チームハビエルがないのだから、それで当然なのではないかと思います。

> 私も夏のアイスショーの頃よりシーズン入ってからのジャンプがほどけてるなあ、と感じていたので、やっぱり誰が見ても故障を感じるものだったかなと思いました。

そうですか?!全然わかりませんでした(笑)
というか、正直、ここはものたりないなあ…と内心思っても、言える雰囲気ではなかったです。
都築先生も、誰も、表立ってはそうだったのではないでしょうか。
そういう所がいつの間にか、本人を追い詰めていたのかもしれません。

構成を上げる、変えるにしても、自分で決めてしまっている。
オーサーさんは、選手に対しあまり強制はしない人のようなので、特に。

> ましてオーサーコーチが、羽生くんの足の怪我に気がつかなかったはずがなく、もしかしてですが、羽生くんが自分でこんなやり方ダメだなと理解するまでやりたいようにさせたかもしれません。

足の怪我は知っていましたよね。全日本のあとでしたか、脚のケアをしなきゃね、と話していませんでしたか。

怪我する事は選手生命に直結するのに、自分で理解するまでやりたいようにさせる、そんな、実験のような事を許している場合ではないと思います。

それでなくても羽生選手は、いろんな古傷を持っているのではないですか。
平昌まで何年もないのに、本当の意味で彼を守ることを考えてほしいと思います。

> オリンピックを目標にするなら、今年のワールドの成績より本人が自覚してくれることの方が大事、という考え方もオーサーさんにはあったかもしれません。

NHK杯のころは、ケアがうまく行ったからいい演技ができたとか、練習しても怪我をしたら元に戻ってしまうとか、言っていました。
いつしかそれも言わなくなったので、つまり、故障し始めていたという事なのでしょう。
ワールドのエキシでも、これからしばらく滑れないから…と、ジャンプを何度も跳んでいました。
結局、治療期間は伸びています。
つまりは、まだ自覚は足りないという事ではないでしょうか。

> あとは今週末くらいですか?GPSのアサイン発表とか、羽生くん初戦はどこだろうとか、新プログラムはどんなかな?とかワクワクすることがいっぱいですね!

アサインは1日の真夜中から発表のようですね。
新しいプログラムは、笑って滑れるのを希望です。

> ところで「週末仙台」送られてきました!

おお、旅行の前だったらよかったのに…つまりまた旅行に行かなくては、ですか?
ずんだ餅って自分で作れるの?驚きです。
宮城弁なんてわかるんですか?最近ちょっと話題ですよね(笑)
プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR