自分自身の「バラード第一番」~2

「バラード第一番」を弾くツィマーマンさんの映像を見て、
「どんな感情でどんな体勢で弾いているのか」までを研究したとは、本当に驚きでした。

その演奏は端正で、抑制が効いているように思います。
もっと奔放に、激情がなだれうつように、緩急を揺らすピアニストもいますね。
ツィマーマンさんを選んだのはバトルさんなのだろうと思いますけれど、
ピアニストの演奏に向き合った上で、自分のスケートがそれを超えるまで、
のぼりつめようとしていたのでしょうか。

「今は、一つひとつの音を踏みしめているような感覚です」

そして、プログラム構成を組み替えたことについて。
サルコウのあとで、
「速い音のところで以前はスピンが2つだったけれど、
そこをトゥループにしたことによって、また違ったダイナミックさが出て、
その速い音でゆっくりとした動きがだせるようになりました」

…この言葉が聞きたかった、と思いました。
サルコウからトゥループに向かう間、曲は次第に速度を増し強くなっていくのに、
リンクを周回しそれから斜めに横切って、ステップを踏み、ジャンプに入ります。
これを、「速い音でゆっくりとした動きを出す」と捉えて、
複雑なトランジションとしてだけではなく、
音楽を大きな連なりとして、きこえない音が流れている事までを、
ダイナミックに表現しようとしたのかもしれない。

その結果、4T+3Tは、音楽のフレーズの山をふたつとも、
そのままなぞって、音を目で見せてくれるようなジャンプとなり、
キャメルスピンに入るのに、ピアノの強打をそのトウで鳴らし、
ドーナツの円形を描いて回転しながら、
繊細なピアニシモが流れ出るのが目に見えるようになったのかもしれない。


そんな事を想像しました。



スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

自分自身の「バラード第一番」

「Ice Jewels」vol.2に、2シーズン目の「バラード第一番」を、
ジェフリー・バトルさんと一緒にブラッシュアップした頃のことが話されています。

「自分には何ができるか、何が一番曲と合うのかを考えていた」

イーグル+4S+イーグルは、バトルさんからも絶対無理だと言われた。
でも、イーグルからのアクセルは曲に合っていたので、
ジャンプの難易度を上げながらも、その印象を大切にしたかった。

「ジェフなりの曲の解釈に僕が飲み込まれているところもあり、
昨季は僕がジェフのレベルに追い付いていなかった」
「1年間、曲を聞き込んで、少しはジェフに追いつけるようになったかな」
「アレンジに自分の気持ちや感情が乗せられるようになった」

それは、ジャンプが美しく跳べ、途切れなく破綻がないからこそ完成する作品。
ジャンプも曲の表現となり、10点満点の評価もそこから導き出されてくる。
萬斎さんからも学んだように、その場の雰囲気、その時の感情に合わせて振付を変え、
型の上に何かをプラスし、自分らしさを発見し表現していく。

自分が音を奏でているような演技だけではなくて、
自分はピアニストではないのだから、それとは別な次元で、音と一体となる。


バトルさんからも離れて、演奏者からも離れて、
自分自身が直接、音そのものになる。

そんな事を考えていたのでしょうか。




…続きます

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

カナダ杯からの出発

「Ice Jewels」vol.2に載っている、カナダ杯あとのインタビュー。
あの時、チャン選手の前に2位と敗れた事が、今シーズンの彼の出発点であったことは、言うまでもありません。
いったいどうやってあの短期間に、演技を変え難易度をアップしていったのか。
その、血のにじむような練習方法の秘密は、「語り亭」で「3Kmのダッシュを4~5本もやるほどの厳しいランスルー」ではないか、と推理されていました。
カナダ杯直後の彼は、もうその練習を想定していて、自分自身で考え始めています。

「とりあえず、肺活量をつける。
スピンやジャンプを抜いて4分半を滑りきり、スケーティングを全力で通す。
その上でスピンを入れ、ジャンプを入れて、徐々に増やしてフルにしていく。」

それが最終的には、ランスルーを何本も、呼吸まで一定になるほど繰り返す、ハードな練習につながっていったのかもしれません。

「パトリックに対抗するのにトランジションのクオリティで対抗したら勝てない」
「それならばそこで勝負するのではなく、ジャンプを跳ぶ前にステップして」
「えっ、そこから跳ぶ?みたいな構成をすれば勝機が出てくる」

そうして、カウンターからの3Aはもちろん、イーグルから4Sを跳ぶ事を考えて、
EXの練習の時にはもう始動していたのですね。

そのパッションは、チャン選手への敗北の苦さから来るとしても、
負けて、ただ悔しくて感情的に燃えるのではなくて、謙虚に相手を分析し、
では自分はどうするのか。
自分自身で戦略を練って、誰もやらない事を発想していく力は、本当に素晴らしいと思います。

チャン選手は「ユヅルのやらない事をやる」と言いましたが、
羽生選手も、「パトリックのやらない事をやる」と思っていたのかもしれません。


そして、吉岡伸彦先生のルール解説で、
4S、4T+3T、3Aの構成では、失敗による重複で0点になることはない。
…これも、とても大きいと思います。


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「アイスジュエルズ」vol.2

雑誌「Ice Jewels」vol.2を読んでみました。



今、あまりにもたくさんの雑誌が発売されるので、
すべてチェックすることなどとてもできません。
でも、この本は、紙質も色彩もきれいだし、
選手の写真も素敵な瞬間が選んであって、
選手を大切にしようという姿勢が現れていて、
ページを開くたびに幸せな気持ちになれます。
2冊目もまた、読み応えのある一冊でした。

それぞれの大会についての記録が詳しくて、データも載せられています。
ルールについての吉岡伸彦さんの解説はマニアックなほどです。
どうしたら0点がついてしまうのか、の説明を読んでいると、
競技としてのフィギュアスケートが、こんなに緻密なルールに乗っ取ったスポーツなのだと、
あらためて、選手のみなさんに頭が下がります。

羽生選手が「バラード第一番」について話しているのも、とても興味深く読みました。
あのピアノ演奏者を「ツィマーマンさん」と言っているのを初めて聞きました。
「ツィマーマンさんって意外に若いんですよ」とか(^^)
このお話についてはまた、ゆっくりと書いてみたいと思います。

それから、私にとっては胸に迫るというか、読んでよかった…と思う記事もありました。
それについても、またいつか。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

手紙

先日、非公開のコメントをいただきました。
2014年のCOCで、彼に魅了されたことが書かれてありました。

私も、そのかたのように、あの頃、衝撃を受け心配しとまどいながらも、
感動したことを否定しません。

でもそれは、私が間違っていた。
だから今は申し訳なくて、彼にお詫びをしたい、懺悔したいような気持でいます。

私は、自分の気持ちのほうを優先させてしまった。
怪我をしていても大丈夫であってほしいとか、
あきらめない姿に勇気をもらったとか、
自分の都合のいいように、自分が安心できるようにしか考えていなかった。
そんな事を言ってる場合ではなかった。

そんなものよりも、もっともっと大切な彼の生命の危機に気がついていなかった。

あのとき、リンクサイドでカメラを構えていた能登直さんは、
シャッターを切る事ができなかったと聞きました。
その事は、じわじわと私に問いかけてきて、響いてきて、
私はやがて、あの時の写真も映像も見る事が辛くなって、正視できなくなりました。


引退したら講演をやりたい。
そしてスポーツ界全体に貢献したい。
「脳震盪の危険性を説得力をもって伝えられる」
「新たな使命をいただけたと感じている」
彼は、自分は脳震盪ではなかったと言いながら、なぜそんな事を言うのでしょう。
あの、混乱した時間の中で、自分にいったい何が起こったのか。
無我夢中だった当時は気がつかなかった事も、今は、
見えてきているのではないかと思います。

そして、怪我なく、コンディションよくスタートに立つことの大切さを、
繰り返し口にするようになりました。


アスリートだから、試合には出たい。
彼が滑りたい気持ちはとてもよくわかる。
でも、怪我をしていて滑ってはいけなかった。

フィギュアスケートはもともと、危険の伴う競技です。
それだからこそ、大怪我をした直後に、出場してはいけない。
それ以上の危険を追いかけ重ねてはいけない。
それは、どんな偉大なスケーターであっても、
どんな大切な試合であっても、変わる事はありません。

あのとき彼はかろうじて、自分でも言っている通り、
「リスクのある賭け」をくぐり抜けることができました。
それをただ、感謝するばかりです。

健やかであってこそのアスリート。
彼ら彼女らの、伸び伸びとした、生き生きとした演技にこそ喝采を贈り、
魅了されたいと願っています。


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR