よいお年をお迎えください

紅白が始まりました。

昨年は映像での出演だったこの舞台に、元気な彼がいてくれるのは、本当に幸せです。

とても素敵な紋付羽織袴姿、心から楽しそうなきらきらの笑顔。

すがすがしい思いで、この一年を見送ることができると思います。

一年間、たくさんの方との出会いをいただき、大きな励ましをいただきました。

本当にありがとうございました。

来る年がさらなるよい一年でありますように。

羽生選手の毎日が輝きますように。

フィギュアスケートという、華麗で過酷な世界に生きる選手誰もが、それぞれの夢を追求できますように。

それを応援できる喜びが、いつも私たちのもとにありますように。

どうぞよいお年をお迎えください。

感謝をこめて。


      y.f


スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

半跏思惟像の微笑

グランプリファイナルの「SEIMEI」の冒頭で、ほんの一瞬微笑んでいる羽生選手の表情を捉えた。
この後息を吸いそして吐き、天を指して旋回するのだが、その時にはすでに鋭い視線で闘う晴明が降臨している。
今までもこんなふうに、一瞬でも微笑んでいたのかどうか、私には記憶がない。

2015 GPF FS スタート

静かに美しく微笑むこの姿に、弥勒菩薩の半跏思惟像を思い出した。
浅田真央選手が中宮寺の弥勒菩薩に似ている、と言われているのだそうだ。
すると羽生選手は、どうだろう、広隆寺のほうに似ているのだろうか。

陰陽道と仏教とは直接の関係はないかもしれないが、同じ時代に日本に伝わった陰陽五行説に発祥しているので、何かの影響はあったのではないかと思う。
それでなくても日本の宗教は、長い習合の歴史を持っている。
日本の美もまた、さまざまな文化が順応し融合する歴史の流れのなかから、やがて独自の花を開かせていく。

この仏像のアルカイク・スマイルとも呼ばれる微笑は、古代ギリシアに発してシルクロードを通り日本へと伝わったとされる。
日本はシルクロードの東の終着点である。
西洋と東洋を結ぶ、距離と時間とのはるかな流れを思う。

「半跏」「思惟」とは、文字通り、脚を組んだ姿勢で思索する姿である。
ほほえみながら、どのように衆生を救うかをじっと考えている。
はてしなく遠い未来をみつめて慈しんでいる。

そう言えば「SEIMEI」の演技に、滑りながら半跏する動きがあったと思って確かめてみたら、残念ながらそれは右膝に左足を乗せるようなポージングだった。
「蘭陵王」にそんな動きがあるらしいので、もしかしたらそれに由来するのかもしれない。
カナダで振付を行い、西洋の目に映った日本の美を演じる事は、日本を客観で見てその神髄に迫る試みである。

「和」のプログラムでのフィギュアスケートは、今までにも何度か試みられてきたが、これほど世界に受け入れられた事はなかった。
羽生選手は、「陰陽師」の映画を探し当て、音楽の編集を繰り返し、さらには日本の先達に道を尋ねた。
そのこだわり、日本を伝えようとする作品への熱意、物事を深く追及する精神も、彼の日本人らしさの一つではないかと思う。


この試合の時彼は、他の選手の演技に動揺し、観客の反応に怒っていたのだと後で知った。
そんな感情の激動をおさめるように、彼は一度、自分で自分に微笑んでみせたのだろうか。
野心も怒りもまた、彼を美しく彩り演出する鍵である。

今、戦士としての彼に、少しの休息の時が訪れようとしている。
静かに微笑むこの姿のように、心を鎮め、あらたな幕開けに備えてほしい。
訪れる新しい年が、彼にとって素晴らしい舞台であることを心から祈っている。

羽生選手は二週間の間に二回も世界を変えてみせた。
世界中の、どれだけ多くの人を魅了したかは測り知れない。
その人々に、平和に、知的に、心をつくし、命を燃やし、美しく生きよと彼はそこにいる。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

一年

昨年、全日本で優勝した後、メダリスト・オン・アイスを前にして、羽生選手は入院し手術したのですよね。
体調のすぐれない中で表彰式までしっかりと務め上げていたことを、昨日のように思い出します。
今の彼の活躍を思うと、治療してくださった医療関係者の方々には、あらためて感謝の気持ちでいっぱいになります。

録画を整理しようとして、あのときの「オペラ座の怪人」にまた見入ってしまいました。
美しいけれどもそれは、悲嘆が地の底からわきあがってくるような、辛い別離の物語でした。
そう思うと今年の「SEIMEI」は、なんとすがすがしい、光にあふれた作品なのでしょう。

あれからずっと、彼の足跡を追うようにして、この一年をすごしてきました。
どの場面を思い出してみても、彼はいつもそこにいて、ずっと心をつくしてくれました。
たくさんの人を幸せにしながら、自由に、誰も歩んだことのない自分だけの道を進んできてくれました。

明日は紅白の審査員を務めながら、「花は咲く」をYOSHIKIさんがピアノ演奏する特別企画に出演するそうです。
そんな意義あるお仕事で一年を締めくくれるのも、彼がずっと震災と向き合ってきたからこそだと思います。
最初の頃は悲痛な思いで見るしかなかった「天と地のレクイエム」も、苦難にこそ救いと希望がある作品となりました。

このブログをはじめて一年あまり、多くの得難い出会いをいただきました事、読んでくださった事に心からお礼を申し上げます。
私の中で迷いもあり変化もあり、ご迷惑もおかけしましたが、どうかこれからもよろしくお願いします。
羽生選手という稀有な存在にめぐりあえる時代に間に合った事を、奇跡のように感謝しています。

偉大な記録の達成を経て、世界に挑み自分と闘っていく羽生選手には、さらなる栄光もあり困難もまたあるかと思います。
「壁の向こうにはまた壁があると思います。僕は何度でもそれを越えて行きたい」と言った、その通りです。
どうか健やかに、生き生きと美しく、描いた大きな夢をかなえていってくださるようお祈りしています。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「天と地のレクイエム」

青いステンドグラスの底、大聖堂の身廊にいるような羽生選手のレクイエム。
リンクはいつも、彼が祈りをささげる場所だ。
今日のピアノはライブ演奏だった。
どこか鋭角な、よく澄んだきれいな音色が、少し痩せた彼によく似合う。

二つのジャンプのどちらもしなやかに氷に映えていた。
イーグル、そのままにトリプルアクセル、再び戻ってはっと伸ばした背中と腕、そのなんと美しい事か。

彼は氷上に円を描く。
あるときはジャンプの細く高い円。
あるときはハイドロブレードの大きく低い円。
あるときはスピンの渦を巻きこむ円。
円は宇宙の循環、惑星の軌道、生命の回帰。

そうして、いくつもの軌跡が氷に残る。
あるときは体ごとそこに身を投げる。
あるときは容赦なく削り傷つける。
あるときは愛するようにそっと指ですくい取る。
氷は彼の喜び、彼の哀しみ、彼が生きることの証し。

深く踏み込み押し流していくクロス。
音の強弱をともに悲しむステップ。
天と地とを交互に見つめ、怒り嘆く強い視線。
探し、掴み、拒み、追悼する腕と手、その指先の慈しみ。
その先にはただ魂のきよらかさが宿っている。


天を見上げて亡き人に感謝の言葉を捧げる彼。
何も飾らず何も隠さず、あるがままに無心だった。
無防備にすべてを投げ出して、透き通ってしまいそうなほどの美しさだった。


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

全日本・女子シングルの三選手

宮原知子選手、優勝おめでとうございます。
本当にため息の出るような、気品のある美しさでした。
端正で静かななかにも情感のこもった演技。
カメラが上から映した時、リンクを舞う彼女の動きが、白い氷にくっきりと映えて、はっとするほど際立ってみえました。
伝えよう、伝えようとする思いの深さ、気高さ、存在感。
まさに女王の美でした。


樋口新葉選手。
外へ外へと向く彼女のエネルギー、まっすぐにこちらに迫ってくる力強さ。
天上天下唯我独尊、それは彼女への褒め言葉です。
爆発するような感情の力のままに叫んでいるのに、しっかりとした技術を見せる。
怪我に苦しみ泣いていたけれど、素晴らしい全日本になって本当によかったと思います。


そして、浅田真央選手。
ショートはどうしてしまったのか、気持ちまで淵に沈んでいるようでした。
フリーは、ソチの時のように、どうか別の彼女が立ち上がってくることを祈っていました。

静かに集中する彼女の顔。しみいるような愛と哀しみの音楽。
最初のアクセルは決まりませんでした。
でも、次に流れる主題に誘われるように、彼女は、またなめらかに滑り始めました。
彼の船が港に入るのをひたすら夢見て待っている、その長い孤独。
愛を叫ぶステップ、すっくりと美しいスピン、絶望のなかでも気高くあろうとする彼女。
涙する以上の苦しい表情でのフィニッシュ。

全日本の大舞台には、きらきらとした才能のあふれる中学生の選手が何人もいました。
かつて15歳の浅田選手もそんなふうに、ポニーテイルで本当にチャーミングでした。
ふわふわに踊り、くるくるにジャンプして、心から楽しそうでした。

バンクーバーのあと、解説の八木沼純子さんが「いつかは自分の殻を脱いで大人にならなけれないけない」と言っていました。
その時は、その意味がわかりませんでした。
でも今、長い選手生活を経て今も道の途中にいる彼女を見ていると、少しわかるような気がします。

「蝶々夫人」は、ひたむきな、誇りある武士の娘。
西洋と東洋に、愛と現実のはざまに引き裂かれる。
浅田選手の演技は演技を越えて、彼女自身の物語のようでした。

素敵な女性として、大人のスケーターとして、彼女は再出発したばかりです。
どうか、シーズンの締めくくりには、復帰してよかったと心からの笑顔になれますように。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR