アイスジュエルズvol.3 …チーム羽生と自立の問題

スケートのための「チーム羽生」と、羽生選手の自立についてが、同じ文脈のなかで語られる。
それは多分、「チーム羽生」と、羽生選手のご家族とが重なっているからですよね。

ここで言う「チーム羽生」とは何か、誰と誰の事を指しているのか。
「自立」とは何か、ひとりの子どもが親から自立することなのか、選手としての活動をめぐってなのか。
公の事を言っているのか、私の事を言っているのか。
あいまいなままに、誰でも知っていることのようにして、話が進んでいます。

この境界のなさ、分けようもなく混然となった感じが、はからずも、羽生選手が身を置いている現状を表しているのかな、と思いながら読みました。

これは私の推測、想像なのですが、羽生選手が平昌で引退したいと言う事の理由の一つには、二人三脚で世界を回ってきたお母様をご家族のもとに戻したい、という気持ちもあるのでは、と思っています。
逆に言うと、現役の選手である間は、お母様のお力を借りていくつもりなのではないかな、と。


「チームブライアン」は、オーサ―コーチを中心とする、クリケットクラブでの集団指導のことを指しているので、羽生選手専属ではありません。
でも、最高レベルの専門家たちが集まり、あらゆる面から選手を育て、素晴らしい環境を提供してくれます。
「チーム羽生」はこれに対して、羽生選手専属のサポート体制を指しているのでしょう。
だからもちろん、「チームブライアン」の一員である羽生選手は、両方のサポートを受けているので、いいバランスを保ちながら、権限を住み分けしながらやっていけているのだろうと思います。

選手としての「自立」と言えば、自分の頭で考え、プログラムや音楽を自分で構成していく事を指しているのかな、と思います。
例えば、シーズンの途中で「バラード第1番」を大胆に改変したこと。
その結果、軛を断ち切り、魂が叫んでいるような凄味のある、一期一会が実現しました。

でも、矛盾しているようですが、「自分で考え自分で決める事=自立」とは必ずしも言えないのではないか、という気がします。
コーチや他の専門家のアドバイスに耳を傾け受け入れること、それもまた、精神が自立し自由であることの証しではないかと思います。

もちろん、自分で出した結果は自分で引き受けなくてはなりません。

羽生選手はいつも、音楽を大切にし表現に意味を持たせたい、と志すのですが、勝敗のかかった試合になるとなかなかそうもいかないようです。
そして、負けたことを起爆剤にしていると、そういう方向性のプログラムしか選べなくなるのでは、と思います。
オーサーコーチ、トレーシー、宮本賢二さん、萬斎さん。
導いてくれる人がたくさんいること、彼に手を差し伸べたいと願っている、優れた人たちがたくさんいることを、大切にしてくれたらな、と思います。



スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

終わりと始まりの時

終わりの時を迎えようとしているこのシーズン。
晴れやかに明るい、その名の通りの「SEIMEI」を二度、フィギュアスケートの歴史に刻んでくれました。
何度思い返しても、技術と精神が一体となる崇高さを、はるか遠くから見上げるような、本当に素晴らしい演技でした。
来シーズンはどんな形になるのかわからないけれど、念願のオリンピック優勝に向けて、充実した準備ができますようにと願っています。

そして、これから先の羽生選手には、もう一度原点に立ちかえって、何よりもスケートを大事にしてくださいね、とお願いしたいと思います。
もちろん、彼にはいろんな立場もあり、やりたいこともたくさんあるだろうと思います。
日本のスケート界を牽引していく存在として、誰より重い責任を感じているでしょう。
震災復興支援も社会活動も、彼にとっては生涯にわたる大切なテーマでしょう。

でも、どこかできっと練習してるんだろうな…と思っていたら、あとになって、こんな事もやっていたの?と知らされては驚き、結局、彼が一生懸命やったことなのだからと追認せざるを得ない。
そんな繰り返しはもう終わりにしてほしいのです。

ひとつひとつの活動にはもちろん意義があるだろうし、彼ならば、貴重な経験としてこれからに生かしてもいくでしょう。
いろんなことをやって気分転換、リフレッシュができればいいのだけれど、でも、どうやらそうとも限らないようです。
それがずっと続いていて心身に疲れがたまり、さらには怪我もしていたとなると、誰か周囲のかたが止めてくれなかったのかと思ってしまいます。

その結果、誰よりもつらい思いをするのは彼自身です。

羽生選手は、メディアにしばらく登場しないからといって、忘れられてしまうような存在では決してないと思います。

それから、ショーを通してここまで育ってきた羽生選手なので、ショーに出たい、貢献したい気持ちはとてもよくわかります。
でも、移動があり群舞練習があり取材があり1日2公演だったり、フィナーレで大技披露したり…では、夏の疲れを秋にまで引きずってしまいます。
特に、シーズンに入ってから、ファイナルから全日本までの日程をこなしたあとで、ショーに出演するのはもう、やめてくれますよね?

彼の素晴らしい演技がもたらしてくれる至福は、何にも替えようがありません。
他のことは年齢を重ねてからでもできるでしょうけれど、競技としてのフィギュアスケートはあともう2年しかないのです。
高度な4回転に挑み続けることは、もしかしたら、選手生命をかけた挑戦となるやもしれません。
どうか健やかに、心身ともに伸びやかに、夢をかなえてくれますように。
そのための環境が守られ、彼と同じ時代にある事の幸せを、多くの人が受け取ることができますように。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ガラパゴス携帯

ガラパゴス携帯とはよく言ったもので、いまだに、二つ折りにするその古い機種を使っている。
淘汰されることなく、進化の潮流にもびくともせず生き残った、ガラパゴス諸島のイグアナを、手に取るたびに思い浮かべては、ちょっと楽しくなってみたりもする。
ぱたんと音をたてて開け閉めするときには、こっそりと魔法のコンパクトを持っているようでひそかにうれしい。
なぜって私の待ち受け画面には、羽生選手の笑顔があるから。

フィニッシュNHK 1

今日はちょっといろんなことがあって私としては大変な一日だった。
急ぎの連絡を取るたびに、天に向って光り輝いている彼が何度も私を励ましてくれた。
彼の瞳は未来を見据えていた。

あのとき、二度とふたたびはない一期一会を彼は生き抜いたのでもあり、それはそのまま永遠となって、どこか遠い場所に封じ込められているようでもあった。
晴明の霊力は彼を護ってくれたのか、それともひとときの幻惑に彼を取り残して行ってしまったのだろうか。
喜びの涙と苦い涙を、すべて受け入れ分かち合ってくれただろうか。

時代の先端の強い風を一身に受けながら、再び歩み出そうとする彼のあしたに、幸いあれと祈り続けよう。

世界選手権からあっという間に、シーズン最後の試合が開幕しようとしている。
時の流れに置いて行かれそうな私は、いつこの画面を変えたらいいのかと、まだ少し迷っている。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

成長への糧

羽生「荒い」エッジワークでレベルの取りこぼしも

評価すべき羽生の勇気 左足痛も安易に回転数落とさず

ショートの時点では、ステップでのエッジワークの荒さを指摘しながらも、フリーでの最高の演技を期待してくれた岡崎真さんでした。
そんな岡崎さんが、最後には彼を励ましてくださいました。

「1つはミスのあと気持ちを途切らせることなく、最後まで丁寧に滑ろうとしたこと。特に連続ステップは世界最高得点のときよりも質の高いものだったと思う」

ステップはレベル4が取れているし、加点もついて5.50を獲得しています。
なかなか評価の定まらなかった「SEIMEI」のステップが、ようやく、この終着点を迎えました。
「和」の静かな、変化に乏しい動作を、フィギュアスケートのルールのもとで数値的にカウントしてもらうのは、本当に難しい試みでした。

スコアとはまた別に、ボストンの観客が何を望み熱狂を求めて会場に来ているのか、それもまた考えさせられました。
開幕前の番組で、アメリカのフィギュアは不屈の精神とエンターティメント、と言っていましたね。
シナトラに乗ったフェルナンデス選手の演技は、まさにそれを体現していました。


「もう1つは左足に不安があるにもかかわらず、安易に回転数を落として3回転ジャンプを跳ぶのではなく、4回転のトーループからサルコーへの変更を選択したこと。その勇気は素晴らしい」

当初、4Tを4Sに変更するのは、4Sの確実性が上がっていることもあり、難易度も質も上げることを目指すため、と言われていました。
実は怪我のためにトウループに不安があったのだとは、あとで知ることになる、何とも辛い理由です。
3回転に変更するという発想はおそらく彼にはないでしょう。
でも、もし怪我が重いのなら、そういう選択があってもいいと私は思います。
少なくとも4Tの回数を減らしてくれた事はよかったと思うし、試合期間中にも怪我を悪化させてしまうかもしれないリスクを抱えていたわけなので、そうならなくて本当によかった。


「無人の野を行くかのようだった今季、最後の試合で逆転負けしたという事実は残念ではあるが、それすらも成長の糧にするのが羽生というスケーターの真骨頂ではないか」

シーズンの最後に、彼は「喪失感」「悲しい」と言いました。
「悔しい」ではもう超えられない壁が、彼の前にはあるのでしょう。
ボストンでは有終の美に輝くことはできなかった「SEIMEI」だけれど、試行錯誤を繰り返しながら高みを目指した日々は忘れません。
悲しみを知って、さらに強くなった羽生選手に、どうか来シーズンには会えますように。
悲しいと言葉にして言えることも、明日への一歩となりますように。


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

最後の「SEIMEI」

冒頭の息の音から、音楽と一体になることができない。
あの瞬間は、彼の自身の息吹き、生命の証し。
時空を超えて晴明となるための儀式だったのに。

とらえ損ねた物語を探し、彼は旋回し動き始める。
極めてきたはずの技が、少しずつ、足もとをすり抜けてゆく。
彼は音を追いかける。
空気は淀み、重くねばりを持って絡みつく。
晴らそうとする暗雲が、またその周囲から渦を巻く。

暗闇をさまよう弟と、光を導く姉の物語。
白い袖を大きく振って彼女は静かに祈り舞う。
その間にも、音楽はずれ、彼の指先からこぼれ落ちる。
鬼にも、晴明にも、なりきれないままに。

幻想の中に究めようとした新しい技は、
見えない壁に阻まれ崩れてゆく。
天と地が歪み、小さく折られた彼の背中で、
その回転は止まりそうになる。

美しい瞬間を見つけたい。
探してみる。
いくらでも見つかる。
強く拍を刻むその力は、
眩しいほどに五芒星をきらめかせる。
やわらかくしなやかなその深さは、
虹を渡るように博雅の龍笛を響かせる。
けれどもいくつかの綻びの前では、
彼の美しさはいっそのこと悲しい。

転倒の痛みは身を切るようだった。
頂上を極めた先には断崖が待っていた。
晴明は素知らぬ風情で空のどこかへ飛び去ってゆき、
彼はひとり残され、あきらめたように微笑んで、現し世に戻ってくる。

完璧という高みへの困難な挑戦。
和の精神を世界へ問いかけた濃密な日々。
栄光に輝いた時の余韻を見送って、
最後の「SEIMEI」はあっけなく終わった。
呆然とする間もなく夜は明け、夢から醒め、
何事もなかったかのように次の一日が訪れる。
その日常のなかに天地人はある。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR