FaOI2016・チケットをめぐって考える

Fantasy on Ice 2016 をめぐってつぶやいてみます。
こちらの公式サイトをずっとチェックしているけれど、今のところ一般発売の情報だけですね。
ローソンなら一部先行予約があるみたい…

*情報は次々と変わるのでご自分で確認してくださいね*
このブログには最新情報はありません(^^)

幕張会場・幕張イベントホール
2016年5月27日(金)28日(土)29日(日)
一般発売:2016年3月26日(土)10:00~

札幌会場・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2016年6月3日(金)4日(土)5日(日)
一般発売:2016年4月2日(土)10:00~

神戸会場・ワールド記念ホール
2016年6月17日(金)18日(土)19日(日)
一般発売:2016年4月23日(土)10:00~

長野会場・ビッグハット
2016年6月24日(金)25日(土)26日(日)
一般発売:2016年5月14日(土)10:00~

すべて一日一公演の日程なのは、スケーターのみなさんに負担が少なくていいですね!
でも、一般発売しかないという事は、いったいどうやってチケットを入手できるのか。
あまりに遠すぎてふらふらしてしまう感覚です。


こちらはDOIのサイトです。
7/1(金)~3(日)の日程ですね。
会場はアオーレ長岡で席が少ないから、こちらも大変そう。

今年に入ってから3月まで、本当にあっという間だったので、
世界選手権が終わってからショーのシーズンまでもすぐなのでしょうね。
オンとオフの間に谷がないみたい。
がんばってチケットを入手しよう!


彼がどこにいるのか、姿が見えないのは全然苦になりません。
どこかできっと練習していると思ったら、
それだけで心が温かくふくらむように感じます。
コンディションを整えながら、いい練習ができていることを願っています。
彼の最高の姿はリンクの上にこそあるから。


スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

結と弦

羽生結弦という世にも美しいお名前について、
pupuさまが「字統」を調べてくださったので、私は同じ白川静先生の「字通」を調べてみました。

「結」
「吉は士(鉞頭の形)で祝詞の器をおおい守る意で、その呪能を中に封じ込める意がある。
結ぶということも、そのような呪的な意味を持つ行為であった。(中略)
古代の歌謡に、紐を結ぶことが象徴的な意味を含めて歌われることが多く、後世にも祝い紐の俗がある。
すべて交結する意に用いる。」


この「鉞」とはまさかりの事です。
「吉」は、「士」つまり、まさかりが「口」を上からおおい、守っている形を表す。
このような場合の「口」は、祈りにつかう器の形をあらわしていて、それは「祝」や「呪」とも共通しています。



さて「新大字典」というまた重たい本で、今度は「弦」を調べてはっとしました。

「弦」
「ゆみはりづき/半月」


ゆみはりづき。
弦月、弓張月、上弦の月、下弦の月。
なんという、美しい日本語でしょう。
それが彼の名に隠されていたのですね。



「SEIMEI」の衣装や、静かな竹林のような緑色の照明を、竹取物語の世界、と見た方もいらっしゃったようですね。

DOI2015 SEIMEI

安倍晴明が呪を放ち、月の満ちるのを夜の空に留めおいたとしたら。
ずっと弦月が結ばれたままであれば、かぐや姫が月へ帰ってしまうことはありません。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「和」と「SEIMEI」

DOIで新プログラム「SEIMEI」についてインタビューに答える羽生選手。
彼はこれまで何度も「SEIMEI」について話しています。
でも注意深く聞いていると、「安倍晴明」や「陰陽師」については、何も説明していません。

彼が語るのは、あくまでも「和」「日本」そして「日本人」、その誇りです。

「すごく自分って、わりと日本人らしい顔だちをしているし」

DOI2015 SEIMEI

「日本人らしさというかそういうものをすごく大事にしようとしているんですね」

DOI2015 SEIMEI

「生活の中でもそうですし、今海外を拠点に練習もしていますけれども、その日本人らしさ、日本人としての誇りみたいなものをすごく大事に生きているつもりなので」
「今回はほんとにほんとにほんとに「和」に忠実なものをやってみたいなと思いいろいろ探してここにたどり着きました」

DOI2015 SEIMEI

「非常に大変なプログラムではあると思うんですけれども、実際これ、今回滑るものは1分半ぐらい短くしているものなのでもっと盛りあがるパートだとかもっと楽しんでいただけるパートもあると思うんですね。」

DOI2015 SEIMEI

「日本人としての羽生結弦とスケーターとしての羽生結弦が、うまく融合したようなプログラムになればそれがまたオリジナリティじゃないけれどもSEIMEIという作品がうまく機能するんじゃないかなというか」

DOI2015 SEIMEI

「ジャンプだけじゃなくてその曲が持つ、または自分の持つ疾走感であったり、そういう日本らしさを出せればなと思います」

DOI2015 SEIMEI


何度も何度も、「日本」「日本人」「和」と強調しています。
それを表現するための題材として、映画「陰陽師」とその音楽を探し当てた。
それは、「オペラ座の怪人」を演じたくて演じたのとは違う動機である、ということだと思います。
あまり陰陽師や安倍晴明にとらわれ過ぎると、少し間違ってしまうのかもしれません。
彼が世界に向けて知らしめたい「和の心」を、もっと見つめたい、と思うのです。

そして、日本人の振付師ではなく、あえてシェイ=リーン・ボーンさんに依頼し、能や狂言を研究したというところ。
これまで、西洋の音楽と一体となり、何の違和感もなくロミオやファントムを演じてきた彼です。
そんな彼がスケートにのせて、日本の美を世界に向けて問う挑戦、だから「SEIMEI」とした。
世界で戦い続けてきた彼が、日本人としての自分を見極めようとする作品なのかもしれません。

DOI2015 SEIMEI

こんな烈しい顔をしていたのですね。
天平の阿修羅をはるかに超えています。
金剛力士かと思いました。




画像はこちらの動画からとらせていただきました。ありがとうございます。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

日本男子の中では多分僕しかいない

新プログラム「SEIMEI」についてインタビューに応える羽生選手。
「ここまで和のプログラムと言うか、そういうものを出せるのって」

DOI2015 SEIMEI

「多分現役の日本男子の中では多分僕しかいないと思いますし」

DOI2015 SEIMEI

こういう発言こそが羽生選手なので、クローズアップでもう一度。

DOI2015 SEIMEI

はい、あなたしかいません!
日本男子で他にいない、つまり世界であなた、ただひとりだけです。
それを自分で明言できるのも、世界であなた、ただひとりだけです。
ひとりであることを引き受けて、それを自信にして堂々と前に出ていく勇気。
どこまでも攻撃的で果敢な羽生選手、それでこそあなたです。


「3発4回転を入れるつもりですので
そこもまた自分にとっては挑戦になるかなと思います」

DOI2015 SEIMEI

和のプログラム×4回転3回、という二重の挑戦。
素晴らしいです!

「僕だからできる「和」の力強さだったりとか、そういうものがあると思うので、
僕らしいプログラムになればいいな、という」

DOI2015 SEIMEI

「和」の静寂の向こうにある、抑えた熱意、とどめられた力強さ。
平安朝の雅と退廃を涼やかに切り取って、美しく舞ってください。





画像はこちらこちらからとらせていただきました。ありがとうございます。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

舞う「SEIMEI」

その全容は謎につつまれたままの羽生選手の「SEIMEI」。
うす闇の向こうで、檜扇を顔にかざし、御簾を少し上げてこちらに視線を投げてくる。
垣間見ろよと誘われているようです。

こちらは野村萬斎さんの「陰陽師」の舞です。
「SEIMEI」の冒頭部分は、萬斎さんの舞からとっているようですね。



萬斎さんの身のこなし、首から肩、背中、胸の張り方、そしてなめらかな回転、跳躍の見事さ。
印を結ぶ指はあやしく旋回し、強い霊気を放ちます。

そして装束のさばき方、特に袖や裾の扱いの美しさ。
白い袖を翼のように、そこに命が宿るかのようにひるがえして舞う姿は、日本美の神髄です。

フィギュアスケートで日本的な演技をするとき、どうしても衣装に制限があって、袖を斜めに広げたデザインになりがちです。
それだと、どこか中国風に見えてしまうのが残念だと思っていました。

しかし羽生選手の衣装は、袖口に袖括りをつけ、露先を垂らすことでこれを解決していると思います。
ジャンプとともに風に乗る裾も、細い腰にやわらかく纏わってつやめかしい。


この萬斎さんは、あろうことか、へランジやシングルアクセルまで披露しています。
これを見た羽生選手が、スケートと和との共通を感じて、どんなにうれしく、挑戦してみたいと思っただろうかと想像してしまいます。

御簾がするすると上がるのはもっと先、季節が巡りその美が研ぎ澄まされてから。
それまで、じらされながら待つのはなんという至福でしょう。
自ら「SEIMEI」と命名して、日本を世界へ発信しようとしたその意気込みが、どうか見事に実を結びますように。








テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR