中日体育賞・新しいプログラム




「来シーズンはまずは健康」「ベストなコンディションでなくても最低限の演技ができるコンディションに」

中日賞

「昨シーズン経験した捻挫だとか、アクシデントもありましたし、手術もありましたし、そういうものを含めて怪我に対する対処または予防だとか、そういうものを常に注意しながら練習して、そのなかでしっかり技術を向上してというバランスをしっかりと見極めなければいけないと思っています」

中日賞

「まずは4回転をフリーで後半に一つ入れて3本の構成にするという事と、あとはショートも4回転後半に入れる構成に戻そうと思っています」

中日賞

「後半にやることによっての集中力不足だったりとか、または体力がないからこその空中にいる時間が短かったり、回転速度が遅かったりして、ランディングで確実に回転が足りて降りてくるというものではないので」

中日賞

「きれいに降りる確率を、体力がない状況で、または精神的にも辛い状況で、どういうふうに考えてどういうふうに集中して、前半同様にとは言わないですけれども、後半に合った4回転の跳び方を探せればいいんじゃないかなと思っています」

中日賞

「来週に行われるドリーム・オン・アイスで新プログラムを発表しようというふうに思っていますので、それまでちょっと時間ありますけれども待っていただければと思っています」



いつもは、まるで推敲した原稿を読むかのように、理路整然と明晰に話す羽生選手です。
後半の4回転について話すとき、彼には珍しく文脈が整わないままでした。
厳しい表情、真剣なまなざし。
それだけ、気持ちが強いのだろうと思います。

4回転3回の演技構成。
この一年の間、それをずっと我慢してきたのでしょう。
手術のあとでさえ、その構成にこだわって練習を試みた彼なのです。
できるものなら、どの試合ででも、いつでもそれを実現させたかったはずです。
耐えながら、待ちながら、それは必ず胸の中にあって、彼を駆り立ててきたのでしょう。

新しいプログラム、新しい彼。
それはきっと、20歳の彼にしか演じられない、今ここにしかないプログラムのはず。
ドリーム・オン・アイスはもうすぐです。
彼の夢がかなう、大きな一歩でありますように。




画像はこちらこちらの動画からとらせていただきました。ありがとうございます。
スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

4回転は跳べて当たり前

「報道ステーション」で松岡修造さんのインタビューに答える羽生選手。
「自分ではどう思っていますか?4回転ジャンプ」と聞かれ、あっさりと

国別対抗戦 2015

「う~ん、まあ跳べて当然ですね。4回転を跳べない自分がいるとすごく腹がたつんですよ。4回転は跳べて当たり前だから。」

国別対抗戦 2015

「何がよくなってみんな4回転が跳べるようになったのか?」と聞かれると
「ああ、そうだなあ、すっごいそれ興味深いですね。
でも今自分がぱっと思いついたのが、4回転を跳べる人がいる事ってすごい大事なんですよ。
4回転を跳べる人が伝承していく、じゃないけど、自分の感覚をみんな伝えているんですよね。跳べてた人達の感覚が、やっと今、スケート界の理論として確立されつつあるんじゃないのかって思うんですよね。」

国別対抗戦 2015

「最初はみんなパトリックに勝ちたかったんですよ。パトリック・チャンに勝ちたかったのが始まりなんです。彼がまだジャンプが安定していない頃に、他の部分では絶対にかなわなかったので、4回転の数を増やして、立ち向かうしかなかった。彼自身が思っている以上に、彼が、この時代をつくったんだと思います。」

国別対抗戦 2015

「それとも4回転じゃなくて5回転の時代になっていくのか。跳べない選手はいないと思います多分。やろうと思えばできると思うんですよ。これ跳べる時代になってくるんじゃないかってちょっとワクワクしている自分がいます。」

国別対抗戦 2015

「フィギュアは本当に底がないので、スピンだってこだわり始めたら回転の速さだったり軸の速さだったりポジションの綺麗さだったり。スピン、ステップ、スケーティングもそうですけど、全てのクオリティを常に追求したいなと。
それがまたフィギュアの面白いところで、それがまたみなさんが見ていて、ファンになる方が多い所なんじゃないかなと思うんですね。」


明晰で深い分析をする羽生選手。
4回転を伝承していき、それがスケート界の理論として確立される。
そして、パトリック・チャン選手の事。
確かにジャンプが不調だった時期がありました。
その間に、彼に勝とうとした他の選手が4回転をみがいたのだとは、なんとも鋭いですね。

スケートについて、その未来について、熱意をこめてしかもさわやかに語る羽生選手の姿。
思考を言語化する能力の高さは素晴らしいと思います。
感覚と理論と、両方を駆使していて、本当に聡明ですね。
そしてこういうインタビューって、やっぱり松岡さんがいいな、と思います。
アスリート同士の理解と尊敬が通う感じがします。

でも5回転って、すごくないですかそれは。
と言いながらも、その前に4Aならありうるかも、なんて思ってしまうけど。

来シーズンはパトリック・チャン選手が復帰してくる。
もちろんハビエル・テン両選手もいる。
すでにそれを見据えているのでしょうね。

そのためにはどうしても、4回転を降りて今シーズンを締めくくりたい。
跳べてあたり前の4回転を失敗したままでなんか終われない。
その気魄のままに、どうか、会心の演技を、待っています。




人気ブログランキングへ
画像は動画よりお借りしました。ありがとうございます

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

4回転を引き継ぐ者

録画に失敗していた 「成功の遺伝史2」をやっと見る事ができました。
プルシェンコ選手に憧れ髪形をまね、オリンピック優勝をめざした羽生少年。
この番組は、4回転ジャンプへの強い思いを引き継ぐものとして、羽生結弦選手を描いていました。

Gene of Success - snapshot 1

4回転論争、ありましたね。
「4回転はフィギュアスケートの未来だ」ときっぱり発言したプルシェンコ選手。
その姿に続こうと練習し続ける、幼い羽生選手の思い描いた未来。

バンクーバーオリンピックでは、4回転を跳ばなかったライサチェックが優勝しました。
が、彼も以前は4回転を跳んでいたのを、怪我や不調のために回避したのではなかったでしょうか。
彼もアスリートなので、本当は、跳べるものなら跳んで勝ちたかったのではないのかなと思います。

Gene of Success - snapshot 3

プルシェンコ選手を語り始めるともう、うれしくて止まらない羽生選手。

Gene of Success - snapshot 2

Gene of Success - snapshot 4

ソチオリンピックの団体戦でプルシェンコ選手に勝利した時の羽生選手。
この目の強い輝き、そして誇らしさに満ちた表情は、いったいなんなのでしょう。
こんな、勝負師のような顔をした彼を見たことはありません。


ずっと続ける。
そして必ず、未来をつかみ取る。
その物語は今日もまた、続いているのだと思います。


人気ブログランキングへ
動画感謝してお借りしました

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR