スクリャービン・エチュード 「悲愴」

「悲愴」はとても美しい作品だけれど、どう捉えていいかわからなくて、
その前に立ちすくむような思いがし、なかなか書くことができませんでした。



壁のように迫ってくる黒い海のおそろしさを封じ込め、
蒼く透きとおりきらめく波のように演じる事は、
16歳には大きすぎる課題だったのかもしれません。
象徴的で壮大な音楽は、とまどう彼を拒むかのようです。

けれども、全霊を捧げ身を投げ出すようにして、彼は演じ続けます。
やわらかく深く大きな表現で、伸びあがり、沈み込み、
流れを感じ、風を感じ、指の一本まで張りつめて訴えようとします。
怒涛そのもののようなステップは、その恐れを越えていくような強さで迫ってきます。
何度も繰り返してこの作品を演じ、祈りを込め、
多くの人に届けようとした彼の真摯を思います。

千の言葉をつくしても伝えられないもの、
観る人それぞれのイメージを引き出していく力。
ひとそれぞれの記憶に触れ、姿のない琴線をそっと鳴らす。
それは倍音のように共鳴し、無限の深さにまで広がり響いていきます。


そして、幻想的でロシア的な悲痛に満ちたこの音楽の難しさに挑むことは、
競技者としての彼を奮い立たせもします。
ジャンプの失敗があってもリカバリしていく聡明さを見せるとともに、
なかなか完璧には演じきれない悔しさも、彼の闘争心を刺激し、
やがて、ニースのロミオを導き出します。


あの時、たくさんの子供たちが被災し、心痛め、涙しながらも歩み出しました。
彼もその一人として、悩みまどいながらも、
スケートに生き競技に賭ける人生をさがし続け、ここまで来てくれました。
どんな状況にあっても、美しいものへの憧れは、
人を支えてくれるのではないかと思います。


彼がスケートを選びぬいてくれたことに心から感謝したいと思うし、
彼を支えてくれたたくさんの方がたにも、お礼の気持ちでいっぱいです。
特に、今は静かに彼を見守ってくださっている阿部奈々美先生の深い愛情に、
尊敬をもって、ありがとうございますと伝えたいと思います。




スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「KENJIの部屋」第5回 初心忘るべからず

羽生結弦選手エピソード5(前編)
「好きな言葉は?初心忘るべからず」

「これは僕がトリプルアクセルを初めて降りた時に、阿部コーチに初めてiPodを買ってもらったんです。刻印がされていてAAAって。トリプルアクセルっていう意味なんですけど。その時に一緒に贈られた言葉なんですね。初心忘るべからず」
「トリプルアクセルが跳べたから、4回転が跳べたから。それによって、有頂天になるわけじゃなくて、ちゃんと地に足をつけて、これからもどんどん頑張ってねという意味だと思いますけれども。それが今もずっと僕の座右の銘として残ってます」

KENJIの部屋 5 1

宮本先生「いや、奈々美先生も素敵な言葉くれたね、じゃあ」
「けっこう僕、浮かれるっていうのが多かったんですよねその頃」
宮本先生「まあ、さっきから聞いたらちょっとあったよね」
「その、絶対とれるしみたいな、絶対勝てるしみたいな、感じで思うことがあったので、そういうのはすごい大事にしています、僕いま」


とても素敵なお話でした。
AAAと刻印されたiPodをプレゼントしてくださった阿部先生。
どんなに心を込め愛情を注いで彼を育ててくださったか、そしてきっと今でも彼を見守ってくださっているのだろうな、と思います。

全日本フィギュア 2011

「絶対とれるし、絶対勝てるし」は、羽生選手の強みでもあるけれど、宮本先生もちょっとおっしゃったように「浮かれる」場面もあるかも、なので、指導する方の適切なコントロールがあってこその進歩だと思います。


ところでご存じのように、世阿弥の「初心忘るべからず」は、「始めた頃の謙虚な気持ちを忘れずに」や「初志を貫徹しなさい」という意味とは少し違うようですね。

「花鏡」にある
「是非初心忘るべからず」
「時々の初心忘るべからず」
「老後の初心忘るべからず」

人生をかけて長きにわたる芸の道には、いくつもの場面に、それぞれの年齢に、それぞれの初心がある。
かわいらしさで華やぐ子供の頃、本当の道を求める少年の頃、絶頂を迎え真の花を咲かせるべき青年の頃。
次代へ道を譲りながら真の花を円熟させる壮年の頃、残った花をなお咲かせ、芸を完成させる老年の頃。

身体ですべてを表現し物語を演じる能にとって、年齢にともなって身体が変化していく過程は、必ず関門となってつきまといます。
その段階にはいつも壁があり、試練があって、苦心して乗り越えていく事でこそ、道を究める事ができます。

いつも自分の未熟さに気づき、その時々の課題を克服しなければならない。
若くして賞賛を浴び、「自分は天才だ」と思いこむ事こそが、壁である。

「命には終わりあり、能には果てあるべからず」






こちらを参考にさせていただきました。
ただし「是非初心忘るべからず」の解釈には諸説があるようです。
市村宏 全訳注「風姿花伝」 講談社刊
土屋恵一郎著「世阿弥 風姿花伝」 NHK出版刊

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ロミオでもあって、羽生結弦でもあって

「フィギペディア2015羽生結弦 記憶に残る名プログラム」で取り上げられた羽生選手の演技は、どれも素晴らしいものばかりでした。
初めてみる映像もありました。

2011年、ロシアの公園で鳩とたわむれる羽生選手。

フィギュペディア2015 

「昨日夢の中でバックフリップしている夢を見ました」

フィギュペディア2015  1

2011年・グランプリファイナル初出場のFS、「ロミオ+ジュリエット」。
「作品自体が本当に有名なので、いろんな映画にもなっていますし、もちろん舞台にもなっているので、自分自身難しいなあとか、または、滑りこなせるのかな、っていう思いはありましたけども、自分の確立されたスタイルだとか、そういうものを見せられたらなあなんて思います」

フィギュペディア2015  2

「ロミオでもあって、羽生結弦でもあって、両方ともでありたいです」

先日の「KENJIの部屋」でも話題になった、ニース世界選手権のロミオがあまりにも鮮烈だったので、その影に隠れてしまった感じのある、ファイナルのロミオです。



質の高いジャンプ、スピン、ステップと畳み掛けるように迫ってくる演技。
これは完璧かと期待の高まる中、なんと、最後の最後になってサルコウを失敗してしまいました。
それで、この表情です。横目で、阿部先生の方を見ているのでしょうか。

フィギュペディア2015  5

観客にごめんなさいをしていたり、モニタに映った自分のポーズをまねしていたり。

フィギュペディア2015 7

そしてこの時、羽生選手の次の滑走はフェルナンデス選手だったので、リンクサイドで見送るオーサーコーチとすれ違っていたのですね。

フィギュペディア2015 6

羽生選手と安倍コーチ、フェルナンデス選手とオーサーコーチが交錯したこの舞台。
このあと数か月後には、羽生選手はオーサーコーチのもと、トロントへと渡る事になります。

「ロミオでもあって、羽生結弦でもあって、両方ともでありたい」と言った16歳の羽生選手。
「オペラ座の怪人」のファントムも、ファントムでありながら羽生選手でもあって、彼自身の物語としての舞台だったと思います。
オーサーコーチは彼を洗練させ、世界で勝ち抜ける力を与えてくれたけれど、備わっていたその個性を認め、大切に伸ばしてくれたのだな、と思います。
完成しつつあるであろう「SEIMEI」も、そうであってほしいと願っています。









画像はこちらこちらの動画からお借りしました。ありがとうございます。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

サムライ JAPAN

国別対抗戦のEXでの日本チームの演技、阿部奈々美先生振付の、扇を使った群舞。
短い時間での練習だったと思いますが、とても素敵でしたね。



羽生選手には和風の美もよく似合いますよね。
川井郁子さんのヴァイオリンに合わせた「ホワイト・レジェンド」も大好きなプログラムです。

扇の空気抵抗、なんて言っていました。
扇を開かないところでは日本刀のように扱っていたりしてサムライJAPANかと思いました。

羽生選手の玄人のクロス?からレイバックイナバウアーにつなげたシーン、美しいです。
扇を胸に抱いてなめらかなバッククロス、目線で狙って、さっと扇を掲げ、大きな鳥のように拡げていく。

彼が扇を開いて高くかかげていると、那須与一みたいに矢を放って射抜きたくなりました。

国別対抗戦 2015

梨園の御曹司にみたいに見得を切る。
このあと、「バラード1番」のエンディングにように手のひらをぐっと反して握ります。
いつ見ても絵になっています。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ダイヤモンドの原石

Number875「羽生結弦 不屈の魂。」に載っていた、「ユヅルが初めてリンクに立った日。」という記事。
4歳から羽生少年を指導された、山田真実先生のお話です。

最初に教えてくれた若い女の先生がものすごく厳しくて怖かった、って、確かどこかで羽生選手が言っていたような。
ちいさいゆづる君を泣かせたのはこの先生か!と、敵意を秘めながら読み始めました。
先生、ほんとにごめんなさい

すると、確かにこの先生は厳しいかたなのですが、結弦少年の恐るべき才能を感じ取って、ご自分も緊張しながら指導されていたのでは、と思い始めました。

小さなこの子が、絢爛としたダイヤモンドの原石だとしたら。

転ぶ痛みを怖れない子。
並外れたジャンプ習得力をみせる子。
過剰なほどの感情表現をしてくる子。

そして先生は、おさない羽生選手の内面を見つめている。
「けがをしたときは悲劇の主人公になりきるし、私に怒られたときも『あなたに怒られて、僕は今、ものすごくダメージを受けているんです』という態度をアピールしてくるんです。彼の表現が真実なのか演技なのか、見極めるのが大変でした」


「先生僕は今」

キャノン

「あなたに怒られて傷ついています」

キャノン
             



山田先生が、生まれもっての感受性や自己陶酔できる表現力を見抜いて、つぶそうとせず育ててくれたことは、羽生選手の今に確実に生かされていると思います。

それから羽生選手は、都築章一郎先生、阿部奈々美先生の手へと託され、磨き抜かれていきました。
そしてブライアン・オーサーコーチのもとで、さらに洗練され、燦然とした輝きを放つようになりました。


どこまでも厳しい師である山田先生は、全日本で羽生選手に会った時も
「早くカナダに帰って練習しなさい。カナダにだって探せば病院はあるでしょ」と言う。
それに真剣な表情で
「先生、ほんとに痛いんですよ」
と答えた羽生選手。相当痛かったに違いありません。
あの全日本、本当によく耐え抜いたと、今さらながらに思います。



人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR