北京の冬、それとも

ワールドの直後、中国メディアの取材に答えて

「引退はわかんないので、なんとも言えないですけれども、ただ、とにかく今は、平昌に向って、一生懸命やっていきたいなと思っていますし、北京の時ももしかしたら滑るかもしれないので、また、本当にその時まで、ちょっとまだ想像はできないですけれども、自分がその時にできることを一生懸命できてたらなと思っています」

去年の夏に、平昌で引退するつもりだと発言し、それをあとになって訂正していましたね。
平昌ですべて出し切り優勝して、ベストな状態のままでプロとして活動していきたい。
でも彼は、自分の道は自身で決定したい気持ちがとても強い一方で、周囲の期待にも応えようとします。
多方面に配慮していたら、その希望は通らないのかもしれません。
両方を一度に選ぶ事ができない以上、難しい選択になるのだろうと思います。

偉大な先輩たちを追いかけて、先駆者として走ってきたからこそ、いさぎよく後進に道を譲りたいと思っているだろうから、平昌の直後のワールドにも出ないだろうと思っていました。
でも、今の状況だと、それも出場したい気持ちが強いのかもしれません。

このインタビューは中国のメディアに対してなので、かなり割り引いて聞く必要があるかとは思います。
でも、想像してみると、平昌の後でさらに現役を続けていくのも、悪くはないなあという気がしてきました。
それは例えば、一年間休養して復帰した、浅田選手やチャン選手が示してくれた姿を観たから。
引退して別の道を歩み始めた小塚さんが、スケート界の未来のために行動し提言してくれたから。

若い選手たちが急速に伸びてゆくなかで、最先端の技術はなかなかむずかしいにしても、フィギュアスケートの真髄をみせてお手本となり、深い場所から支えてくれた姿。
豊かな音楽表現や、正確で美しいスケーティング、内側からにじみ出るような情感、そして、風を感じ自由を感じて、氷上にあることを心から楽しむこと。
円熟の境地にある選手たちは、とても大切な事を教え続けてくれました。
羽生選手もそんなふうに、その年齢それぞれの大きな花を咲かせてくれるかもしれません。
その時にはまた、昨年の夏、萬斎さんとの対談で語られたことを思い出すでしょう。


わずかの間に宇野選手は、高度な構成をマスターしました。
これからさらに磨きをかけ、洗練させていく事でしょう。
羽生選手は羽生選手の戦略をもって、未来を探し当て、歩んで行く事でしょう
それが北京まで続くのでなくても、途中までだとしても、その時々の選択があっていいのかな、それもきっと素敵だろうな、という気がしています。


スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

NHK杯のフラワーボーイ その2

さて、羽生選手は2007年のNHK杯にフラワーボーイとしてリンクサイドにいて、阿部奈々美先生と一緒に先輩たちの演技をみていた…のですが、どうやらその年は、リンクにお花を投げ入れる事が禁止されていていたようです。
だから実は、フラワーボーイとして、お花を拾いにリンクに出ることはなかったのですね。
その頃の動画をずっと見ていたのですが、その年は全日本でも投げ込み禁止だったらしいのです。
こちらは浅田真央選手の2007年全日本ですが、やはりお花もプレゼントも投げ込まれていません。

調べてみると、その前の年と次の年には、今と同じように投げ込まれているようです。
2007年にいったい何があって禁止されたのか、謎です。
謎ですが、お花の投げ込みがなくても別にいいのでは?と思ってしまいます。

投げ込みが禁止なら、フラワーボーイもフラワーガールも出てきません。
観客が階段を急いで降りてくることもありません。
何より、リンクに何もないし誰もいないので、次の選手がウォーミングアップに集中できます。
これはとても大きい事だと思います。

羽生選手はよく、キス&クライで自分への声援が大きいと、次の選手のために静かにしてください、ってお願いしますよね。
本当は、声援だけじゃなくて、お花やぬいぐるみがたくさん落ちていて、ウォーミングアップしにくい事を気にしてるんじゃないか、と思うのです。
でも、それは、彼の立場では言えないですよね?

先日の全日本では、ラッピングされたはずのお花から細かい何かがリンクに散って、フラワーガールが拾うのにとても大変そうでした。
リンクの安全を子供たちに任せるのは、酷なのではないかと思います。
選手の衣装の何かがリンクに落ちれば1点減点なのは、それが危険だからではないでしょうか。
リンクがきれいに整えられ、安心して演技できることを、羽生選手もとても大事にしていますよね。
お花やプレゼントはロビーで預かってもらえばいいのですから、リンクを大切にするためにも、投げ込みは禁止にしていいと思うのです。

それで、お花やプレゼントの回収にかかっていた時間が節約できれば、6分間練習での練習人数を減らして、事故を防ぐ方向に舵を取ることができるのではないでしょうか。
そう考えるとメリットしか思いつかない、いいアイデアだと思うのです。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

全日本・もうひとつの真実

昨年末にフジテレビで放送された「2015全日本フィギュアスケート選手権 Both Sides」。
こちらに動画が投稿されています。

年に一度、選手たちの人生が交錯する大舞台の、裏側にある「もうひとつの真実」。
選手それぞれの個性に光を当て、それを支えるコーチの真実に迫る、素晴らしい物語でした。


自分を「ヘタクソ!」とばっさり切り捨てる羽生選手。
たとえ勝てたとしても、自分の演技ができない自分を許すことはできない。
勝つ経験からも、負ける経験からも、多くの事を学びとっていくその真摯な姿勢は、いつも変わることがない。

厳しい先生だったという都築先生が、今は目を細めて「風格がある」と羽生選手を見つめる。
先生に合わせて膝を少し折って、子供のように笑ってその胸に飛び込む彼。
「先生もがんばってくださいね」なんて教え子から言われる、コーチにとってこれ以上にうれしい事があるだろうか。

都築先生が「全日本はわたしの人生」と言い切る、そのひと言はずっしりとした重さを持つ。
選手がやがてコーチとなり、その教え子たちがまた同じリンクで競い合い、一年間の成果を咲かせていく。
そして、選手を励まし送り出し、また温かく迎える、その繰り返しにこそ人生がある。

小塚選手が「みんなで戦ってみんなで作り上げた全日本」と言っていた。
小さいころから競い合ってきた仲間と、お互いの緊張とリラックスとを確かめ合い、讃えあい励まし合う。
毎年そんなふうにして、世界へ出て闘い抜いていくための力をみんなで分かち合っている。

都築先生と青木選手、佐藤久美子先生と浅田選手。
「あんなに魅力ある子。実力を発揮できる精神力を取り戻してくれたらこれからの人生に何か役に立つ」という久美子先生。
どの選手にも、それぞれの成果とそれぞれの課題、それぞれの涙がある。


そして引退する西野友毬選手と、コーチの樋口豊先生の物語。
天才少女と言われていた、中学生の頃のかわいらしい彼女のことはよく憶えている。
いつしかジャンプが飛べなくなった彼女を「小さい時からやってきたことを成し遂げるような形の方が、違う世界に出行くにあたっても自信となる」と諭した樋口先生の思いやり。
そして、最後の全日本で、SPに失敗して泣く彼女を、明日があるとそっとなぐさめる樋口先生。
一番滑走となったFSで、先生は「エレガントに楽しんで」と彼女をリンクへ送り出す。
そのとおり、美しい笑顔でパーフェクトな演技を見せる彼女、素晴らしい贈りものに涙する樋口先生。

選手生活にはいつか必ず終幕が訪れる。
それから先のステージは、自分自身の力で幕を開けなければならない。
青春をフィギュアスケートに捧げ、技を磨き美を究めようと追いかけた日々が、これからに続く長い人生を支えてくれますように。
誇りをもって歩んで行かれますように、お祈りしています。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

全日本・女子シングルの三選手

宮原知子選手、優勝おめでとうございます。
本当にため息の出るような、気品のある美しさでした。
端正で静かななかにも情感のこもった演技。
カメラが上から映した時、リンクを舞う彼女の動きが、白い氷にくっきりと映えて、はっとするほど際立ってみえました。
伝えよう、伝えようとする思いの深さ、気高さ、存在感。
まさに女王の美でした。


樋口新葉選手。
外へ外へと向く彼女のエネルギー、まっすぐにこちらに迫ってくる力強さ。
天上天下唯我独尊、それは彼女への褒め言葉です。
爆発するような感情の力のままに叫んでいるのに、しっかりとした技術を見せる。
怪我に苦しみ泣いていたけれど、素晴らしい全日本になって本当によかったと思います。


そして、浅田真央選手。
ショートはどうしてしまったのか、気持ちまで淵に沈んでいるようでした。
フリーは、ソチの時のように、どうか別の彼女が立ち上がってくることを祈っていました。

静かに集中する彼女の顔。しみいるような愛と哀しみの音楽。
最初のアクセルは決まりませんでした。
でも、次に流れる主題に誘われるように、彼女は、またなめらかに滑り始めました。
彼の船が港に入るのをひたすら夢見て待っている、その長い孤独。
愛を叫ぶステップ、すっくりと美しいスピン、絶望のなかでも気高くあろうとする彼女。
涙する以上の苦しい表情でのフィニッシュ。

全日本の大舞台には、きらきらとした才能のあふれる中学生の選手が何人もいました。
かつて15歳の浅田選手もそんなふうに、ポニーテイルで本当にチャーミングでした。
ふわふわに踊り、くるくるにジャンプして、心から楽しそうでした。

バンクーバーのあと、解説の八木沼純子さんが「いつかは自分の殻を脱いで大人にならなけれないけない」と言っていました。
その時は、その意味がわかりませんでした。
でも今、長い選手生活を経て今も道の途中にいる彼女を見ていると、少しわかるような気がします。

「蝶々夫人」は、ひたむきな、誇りある武士の娘。
西洋と東洋に、愛と現実のはざまに引き裂かれる。
浅田選手の演技は演技を越えて、彼女自身の物語のようでした。

素敵な女性として、大人のスケーターとして、彼女は再出発したばかりです。
どうか、シーズンの締めくくりには、復帰してよかったと心からの笑顔になれますように。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

NHK杯2015・女子シングルSP

女子シングルは、少し難しい試合となってしまいました。
浅田真央選手は残念なことにトリプルアクセルに失敗。
手に汗握って応援していましたが、その後のルッツがシングルになってしまいました。
アンナ・ポゴリラヤ選手は転倒し、とても辛そうで、見ていても胸が詰まりました。
でも、そんな彼女を励ます観客のあたたかさが、こちらまで伝わってくるようでした。

最後の最後に、宮原知子選手が、会心の演技を見せてくれました!



重たくなった会場の空気を一掃するような、鮮やかなファイアーダンス。
軽快で華やかで、自信に満ちていて、素晴らしかった!
静かな確信に満ちた演技には感動しました。

試合って本当に、最後の最後まで何が起こるかわからない。
だからまた明日、どの選手も、最高の演技ができますように祈っています。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR