アイスジュエルズvol.3 …チーム羽生と自立の問題

スケートのための「チーム羽生」と、羽生選手の自立についてが、同じ文脈のなかで語られる。
それは多分、「チーム羽生」と、羽生選手のご家族とが重なっているからですよね。

ここで言う「チーム羽生」とは何か、誰と誰の事を指しているのか。
「自立」とは何か、ひとりの子どもが親から自立することなのか、選手としての活動をめぐってなのか。
公の事を言っているのか、私の事を言っているのか。
あいまいなままに、誰でも知っていることのようにして、話が進んでいます。

この境界のなさ、分けようもなく混然となった感じが、はからずも、羽生選手が身を置いている現状を表しているのかな、と思いながら読みました。

これは私の推測、想像なのですが、羽生選手が平昌で引退したいと言う事の理由の一つには、二人三脚で世界を回ってきたお母様をご家族のもとに戻したい、という気持ちもあるのでは、と思っています。
逆に言うと、現役の選手である間は、お母様のお力を借りていくつもりなのではないかな、と。


「チームブライアン」は、オーサ―コーチを中心とする、クリケットクラブでの集団指導のことを指しているので、羽生選手専属ではありません。
でも、最高レベルの専門家たちが集まり、あらゆる面から選手を育て、素晴らしい環境を提供してくれます。
「チーム羽生」はこれに対して、羽生選手専属のサポート体制を指しているのでしょう。
だからもちろん、「チームブライアン」の一員である羽生選手は、両方のサポートを受けているので、いいバランスを保ちながら、権限を住み分けしながらやっていけているのだろうと思います。

選手としての「自立」と言えば、自分の頭で考え、プログラムや音楽を自分で構成していく事を指しているのかな、と思います。
例えば、シーズンの途中で「バラード第1番」を大胆に改変したこと。
その結果、軛を断ち切り、魂が叫んでいるような凄味のある、一期一会が実現しました。

でも、矛盾しているようですが、「自分で考え自分で決める事=自立」とは必ずしも言えないのではないか、という気がします。
コーチや他の専門家のアドバイスに耳を傾け受け入れること、それもまた、精神が自立し自由であることの証しではないかと思います。

もちろん、自分で出した結果は自分で引き受けなくてはなりません。

羽生選手はいつも、音楽を大切にし表現に意味を持たせたい、と志すのですが、勝敗のかかった試合になるとなかなかそうもいかないようです。
そして、負けたことを起爆剤にしていると、そういう方向性のプログラムしか選べなくなるのでは、と思います。
オーサーコーチ、トレーシー、宮本賢二さん、萬斎さん。
導いてくれる人がたくさんいること、彼に手を差し伸べたいと願っている、優れた人たちがたくさんいることを、大切にしてくれたらな、と思います。



スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

スポーツ酒場・語り亭 ~6「SEIMEI」の和の世界

タラソワさんも大絶賛する「SEIMEI」は、萬斎さんの助言から、振付に意味を持たせ深みを増した事が高得点のきっかけになっている。
振りを解釈し、自分の感情や意志を込める事が、音の解釈や表現力の評価につながっている。
今までなかなか理解されなかった「和」の世界を、シェイリーンさんが振付けることで、本物の和洋折衷の作品に仕上がった。
もし日本人が振付けたら、侘び・寂びや静を表そうとするあまりに、フィギュアスケートには映えなかったかもしれない。
最初に印を結ぶポーズも、日本人が振付けたのなら選ばなかったかもしれない。
それが、西洋から見た「和」の象徴的なポーズなのではないか。

そして、本田さんが指摘する「SEIMEI」の、静と動との絶妙な組み合わせ。
ステップの最後のクロスロールは、ジャッジに向って目線を据えながらにじり寄り、強いインパクトを与えている。

宮本先生は、全力で演技するあまりに、動が先に立ち静との境目がなくなりそうな羽生選手に、強弱を使い分けることをアドバイスしたという。
強く鋭い動きのあとに一呼吸をいれることで、やわらかくふわりとしたしなやさかを演出できる。
強く吸って、一瞬止め、静かに吐く、その見えない呼吸が美しい動作を支えている。
カナダで振付けて、日本では宮本先生にアドバイスを加えてもらえるとは。
得難い、素晴らしい、彼を支えてくれる、才能ある人たちのコンビネーションです。


能登さんは、ハイドロをかっこよく撮る事に苦心しているそうですが、それはもしかしたら、試合の撮影では、上から下をカメラで見下ろす角度になってしまうからなのではないでしょうか。

そして、静と動、緩と急の対比が美しいプログラムの構成は、羽生選手が編曲し、彼自身が、そういう起伏のあるプログラムを目指して組み立てた、という事かと思います。

日本の文化のさまざまな面に、海外の文化を受け入れ、学び、融合しながら、新しいものを創造してきた歴史を感じます。
「SEIMEI」のきらめく美しさにも、そんな伝統を今に生かす、日本人のしなやかさが潜んでいるような気がします。




…続きます

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

スポーツ酒場・語り亭 ~5「SEIMEI」のジャンプ

本田武史さんがスケート靴を両手に解説してくださる羽生選手のジャンプ。
何度見ても、冴え冴えとした美しさが氷に映えてうっとりとさせられます。

今シーズンの74%という成功率の高さは、その空中姿勢の美しさがもたらす、と佐野さん。
細い軸でぶれることなく回転するために、そのスピードも速い。

…ここで、ボーヤン・ジン選手の4回転と、回転スピードを比較するのですが、
ボーヤン選手の映像は、4回転ルッツ、ではなかったでしょうか?

そして、羽生選手が3回転している時点で、ボーヤン選手は2回転している。
羽生選手は、離氷してからタイトなスクラッチ姿勢を作るまでが早く、細い軸で高速に回転するため、最後の一回転に余裕を持って降りる事ができる。
それが、ジャンプの安定につながっている。

そして、ジャンプを跳ぶタイミングもどの試合でもほぼ一定している。
それは非常に難しい事であり、入るまでのクロスの数、呼吸の数、音に合わせる練習をしなければならない。
身体の調子、リンクの状態が異なる試合にあっても、いつもそれができなくてはならない。

幅を大きく跳ぶことは、滞空時間は長くなるが、軸がぶれやすく難しい。
けれどもそのほうが、流れがあって質の高い、美しいジャンプを実現できる。


ジャンプのタイミングを一定にする、ということは、音楽にぴったりと合わせてジャンプする、という事と同じかと思います。
特にサルコウは、龍笛の音に誘われるようにターンして、風を切るような鋭い音とともに左脚のインサイドを滑らせ、離氷します。
澄みわたって尾を引くような、笛の音の息を感じるように回転し、太鼓と鼓の打音のインパクトに乗って着氷します。

音楽と一体となるという事自体に、高い技術が必要であり、それがそのまま、芸術性の高い美しいジャンプを実現するのだと思いました。



ところで、以前、佐野さんが「羽生選手のジャンプの軸は地球の回転軸と同じでまっすぐ」と言っていて、その時はとても納得したのですが、よく考えてみると、それはどういう事なのか。
…わかりません。


…続きます

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

スポーツ酒場・語り亭 ~4 「バラード第1番」の魂

旋律がわかりにくく、タイミングの取りにくい「バラード第一番」を、
「今年は曲を全部支配できている。手を動かしたらそこに音が出てくるように」
「全部自分でかみくだいてやっているから、音と動きが観客に伝わりやすいのか」と、宮本先生。
本田さん「それもジャッジは見ていて、演技構成点、曲の解釈の高評価につながっている」
能登さん「指先が伸びている方が一枚の絵として完成度が高い」
そして「今シーズンの方が写真が撮りやすいのは、ひとつひとつのアクションに魂がこもっている」

能登さんが撮影した気魄あふれる一枚は、手のひらを大きく広げ指先まで張りつめて、強力にジャッジにアピールしています。


この一枚の写真を見たとき、もしかしたらこのためにこの衣装に変えたのかもしれない、と思いました。
去年とは違う、鮮やかな色合いのブルー、ベルトのゴールド、スパンコールのはっきりした輝き。
この、射抜くようなまなざし、強く外側へ向かって発する表情は、この衣装でこそ似合うのだろう。
「バラード第一番」に魂を込めて、アスリートの羽生結弦が演じるショパンだったのかもしれない。


曲を支配して、そこに音が出てくるように…という宮本先生は、萬斎さんの言葉を思い出させてくれました。
萬斎さんは、「西洋的な人は音をすべて体現しようとリズムをすべて刻んで振りが多くなる」と、日本と西洋の違いを言っていました。
彼はその「たくさんの振り」に、ピアノの一音を見つめ、強拍と高音を捉えることを追求して、西洋の音楽としてのショパンに迫って行ったのかもしれません。




…続きます

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

スポーツ酒場・語り亭 ~3 「バラード第1番」の新生

失ったもののある一方で、新しく得た美しさも確かにありました。
佐野さんが指摘する、シットスピンの時の手の動きです。
昨シーズンは目立った動きはなく、腕は身体を支えているくらいだった。
今シーズンは、曲に合わせて手の動きがスピンについてくる。
隅々まで徹底的にプログラムに詰め込み、曲に合わせ、インパクトを与える。


シットスピンは、低く苦しく、身体を押し込めて固め、息を詰めているように見えます。
そのかたちを保ったままに回転して、人が彫像になってしまうかのようです。
けれどもあの時、彼の腕から指先までが生き生きと動き、まるで叫んでいるようでした。
身体は小さく折りこまれているのに、両腕は大きく拡げられ、強い感情を訴えていました。
それは彼自らがピアニストにかわって、鍵盤を叩こうとしているかのようでした。


それは、エキシビションの振り付けで、彼自身が宮本先生に提案したことだという。
「僕はスピンでも表現したい」…それはいつか「花になれ」の振り付けの時に、「シットスピンでも大きく動いて、つぼみではなく花が咲くように表現する」と、宮本先生から学んだことだったと思います。
あの頃、その先生の教えをヒントに、回転しながら大きく動いて、花が開くのを表現していたのですね。
「KENJIの部屋」でそう言って、先生に感謝していたのを思い出します。

得意な技を見せるのではなくて、曲の情景にあった技を選び、振り付けをし表現する事。
それがこの新しい「バラード第一番」の、ピアノを奏でる多彩なスピンに生かされていたのだと思います。




…続きます

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR