息と音楽性

「SEIMEI」の編曲にまで携わり、自分の作品を創り上げようとした羽生選手。
制作、構成、音楽のすべてに心を砕き、シェイリーンの演出で、氷の上に和と洋の融合を繰り広げた。
その冒頭にはみずからの息の音を入れ、彼の魂を吹き込んだ。

オータム SEIMEI

読みかけていた『世阿弥の稽古哲学』という本に、「息と音楽性」という章があった。

「息」という言葉が世阿弥のなかでは「音楽性」と結びついている。
風のそよぎ、雲の流れ、森羅万象すべてが音楽性を持っている、その呼吸である。
謡は声であり、声は息である。「息」こそが、能という身体芸術の根幹をなす。

けれども彼は、能役者のように声を持つことはない。
だからその身体をもって、全身全霊で、声なくしても歌おうとする。
息を吸い息を吐き、「SEIMEI」に自らの生命を与え、舞い始める。

能役者は橋掛かりから登場しながら観客との間に「機」をはかり、心を張りつめ、呼吸し、第一声を発する。
しかしリンクに出て行く彼は、定められたルールの上で、自分でその「機」をはかることはできない。
だからこそ、自らの定めたルーティンによって集中し、自分の中心を見定め、呼吸し、支配し、スタートにつくのではないだろうか。


息づかいは音楽性を呼び覚まし、音楽性は舞台の霊性、精神性を導く。
舞の音楽性こそが人の心をうごかす。

息を吸い、息を吐く、そこで天地人すべてに溶け込み、すべてを取り込んでいく。
鼓は天、太鼓は地、笛は人の息をあらわし、それらは低く高く響きあう。
森羅万象のことわりを知りつかさどる晴明を彼は演じる。






西平 直著「世阿弥の稽古哲学」東京大学出版会刊を参考にさせていただきました。
スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

秘すれば花 珍しきが花

秘すれば花、珍しきが花だから、練習なんか見なくてもいい、という気もしていました。
練習を公開することは、言ってみれば、半分、舞台裏を見せるようなものだから。
本物の試合だけを見たほうが、新鮮な気持ちで演技と向きあえるのかもしれない。
でも、それが公開である以上、彼ならきっと、その場その場の花を見せてくれると思ってもいました。

世阿弥の時代には、新作の能が次々と創作されました。
そのたびに観客は、新しい花を受け取ったことでしょう。
けれども、だからといってすべてを見せてしまえば、感動は薄れ、花はその勢いを失います。
萬斎さんの「型あるもの、何度も見たものでも、おおっ、と思わせなくてはいけない」とは、その花を開かせ続ける難しさを言われたのではないか、と思います。

これまでにも「SEIMEI」は観たけれど、そこにまだなかった部分が昨夜、初めて姿を現しました。
するとそこには、まるでまったく別の作品であるかのような、幻想の花が咲いていました。
時にやわらかく、時にするどく、夢まぼろしの空を飛翔する晴明。
こうやって何度でも、秘めていた花がリンクに舞い、そのたびに根を張り、光を求めて伸び、色彩を放ち、香り立つ。

昨夜から、眠っていないのか、それとも実は眠っているのか、そのあいだをさまようような脳裡に、夢のようにあらわれ、ゆっくりと踏み出し、息を吹き込み、晴明が舞い続けています。


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「KENJIの部屋」第5回 初心忘るべからず

羽生結弦選手エピソード5(前編)
「好きな言葉は?初心忘るべからず」

「これは僕がトリプルアクセルを初めて降りた時に、阿部コーチに初めてiPodを買ってもらったんです。刻印がされていてAAAって。トリプルアクセルっていう意味なんですけど。その時に一緒に贈られた言葉なんですね。初心忘るべからず」
「トリプルアクセルが跳べたから、4回転が跳べたから。それによって、有頂天になるわけじゃなくて、ちゃんと地に足をつけて、これからもどんどん頑張ってねという意味だと思いますけれども。それが今もずっと僕の座右の銘として残ってます」

KENJIの部屋 5 1

宮本先生「いや、奈々美先生も素敵な言葉くれたね、じゃあ」
「けっこう僕、浮かれるっていうのが多かったんですよねその頃」
宮本先生「まあ、さっきから聞いたらちょっとあったよね」
「その、絶対とれるしみたいな、絶対勝てるしみたいな、感じで思うことがあったので、そういうのはすごい大事にしています、僕いま」


とても素敵なお話でした。
AAAと刻印されたiPodをプレゼントしてくださった阿部先生。
どんなに心を込め愛情を注いで彼を育ててくださったか、そしてきっと今でも彼を見守ってくださっているのだろうな、と思います。

全日本フィギュア 2011

「絶対とれるし、絶対勝てるし」は、羽生選手の強みでもあるけれど、宮本先生もちょっとおっしゃったように「浮かれる」場面もあるかも、なので、指導する方の適切なコントロールがあってこその進歩だと思います。


ところでご存じのように、世阿弥の「初心忘るべからず」は、「始めた頃の謙虚な気持ちを忘れずに」や「初志を貫徹しなさい」という意味とは少し違うようですね。

「花鏡」にある
「是非初心忘るべからず」
「時々の初心忘るべからず」
「老後の初心忘るべからず」

人生をかけて長きにわたる芸の道には、いくつもの場面に、それぞれの年齢に、それぞれの初心がある。
かわいらしさで華やぐ子供の頃、本当の道を求める少年の頃、絶頂を迎え真の花を咲かせるべき青年の頃。
次代へ道を譲りながら真の花を円熟させる壮年の頃、残った花をなお咲かせ、芸を完成させる老年の頃。

身体ですべてを表現し物語を演じる能にとって、年齢にともなって身体が変化していく過程は、必ず関門となってつきまといます。
その段階にはいつも壁があり、試練があって、苦心して乗り越えていく事でこそ、道を究める事ができます。

いつも自分の未熟さに気づき、その時々の課題を克服しなければならない。
若くして賞賛を浴び、「自分は天才だ」と思いこむ事こそが、壁である。

「命には終わりあり、能には果てあるべからず」






こちらを参考にさせていただきました。
ただし「是非初心忘るべからず」の解釈には諸説があるようです。
市村宏 全訳注「風姿花伝」 講談社刊
土屋恵一郎著「世阿弥 風姿花伝」 NHK出版刊

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR