フィギュアスケートLife Vol.6…パトリック選手とトリプルアクセル

名選手であっても、トリプルアクセルの苦手な選手は少なくないようです。
羽生選手が次々と新しい技に挑戦して来れたのも、盤石で美しいトリプルアクセルがあるからこそ。
ソチでの金銀を分けたのも、パトリック選手が最後に跳んだアクセルだったかもしれません。

パトリック選手のような大選手が、
「安定したトリプルアクセルを跳べるようにならずに引退していたら、僕は自分自身を許すことができなかっただろう」
「3度世界チャンピオンになったけれど、それなしでは真に自分が世界チャンピオンだとは言えなかったと思います」
と、正直に話しています。
パトリック選手にとってほとんど唯一の弱点だったアクセルです。
休養し復帰して、それからなお自分に足りないところを克服し前進しようとする態度。
素晴らしい努力だと思います。

ある時期までは、男子で2Aを入れている選手は珍しくなかったと思います。
でもあっという間に、それでは勝てない時代になりました。

羽生選手は「アイスジュエルズ」で、
「自分自身が彼の構成を変えるぐらいの選手になれたことが嬉しい」と話しています。
いつも目標にしてきたチャン選手の存在を、羽生選手は今でもずっと見つめ追いかけているのだと思います。

宇野昌磨選手についてもチャン選手は、「彼は僕が経験したことをこれから経験するのです」と言ってくれています。
その後宇野選手は、あっという間に4Fを習得していきました。
才能あるスケーターたちがそれぞれの時代を築き、お互いに影響しあいながら歴史を織りなしていく。
世界選手権はそんな素晴らしい連鎖の場でもありました。

そして、パトリック選手の氷を見極める深い眼差し。
時には氷の質について進言してくれるのも、実績のある選手だからこその役割を果たしてくれているのだと思います。

ソチからのパトリック選手の二年間は、本当に長い戦いだったと思います。
迷っていたけれど、平昌まで現役を続けてくれるという。
圧倒的なスケーティングを武器にしてきたチャン選手が、高難度ジャンプ時代の到来に順応しようとしてきた、長い葛藤を思います。

5位に終わったことはがっかりしているけれど、
「会場にエネルギーが満ちていて、自分が生きていることが素晴らしいと感じた」。
そんな幸福感にあふれた演技を、これからも届けてくれますように。


スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「休ませる勇気を持てなかった」

「SPUR」8月号の宇都宮さんの記事をめぐって、思った事を少し書いてみたいと思います。
申し訳ありませんが立ち読みです。

現在、ANAの監督である城田さんは、羽生選手にとって、長く支えてきてくれた大切な恩人なのだと思います。
実体のよくわからない「チーム羽生」だけれど、おそらく現在のリーダーは城田さんなのでしょう。
城田さんは、羽生選手にとって世界選手権の2位がどんなに悔しい負けなのか、自分の事として受け止めているのだと思います。
そして、羽生選手の足の痛みも、自分の痛みのように辛く感じていたのではないかと思いました。

ワールドの時、オーサーコーチは、羽生選手の様子をちゃんと見ていなかったのでは。
怪我が重たいのは羽生選手の方なのに、ハビエル選手に目が行っていたのでは。
そんな疑問の声が、ネット上にあったと思います。

でも、この記事からは、羽生選手の近くにいてサポートし、判断していたのはオーサーさんではなく城田さんであり、城田さんはその責任を重たく感じているのだと読み取れます。

…ショートのあとで、足の腫れを冷やしてあげればよかった。
公式練習を休ませればよかった。
詰めが甘かった。
休んでいたら羽生が勝っていた。

「休ませる勇気を持てなかった」と、ご自分の失策を率直に認めた城田さんの、反省と後悔の、どうしようもない苦さが伝わってきました。

眠れなかったと言っていた、練習にアンダーアーマーを忘れてきた羽生選手の姿を思い出します。

たくさんの選手を長くサポートして来られた城田さんにして、返す返すも、残念なことでした。

でも今、トロントにいてリハビリ途中の羽生選手を、その反省のもとでサポートしてくださっているのなら、ありがたいなと思います。

城田さんはコーチではないので、オーサーさんとの権限の住み分けはできているのだろうと思います。
ですが、羽生選手に限らず、世界で戦っていく選手にとって、身内のようになぐさめ一緒に泣いてくれる、心許せる人が必要なのと同じように、第三者的にアドバイスをしてくれる、時には苦言を言って諌めもしてくれる人も、また必要なのだと思います。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

リスフラン関節靭帯の三か月

<フィギュア>靱帯損傷の羽生が練習を再開

…日本スケート連盟の小林芳子・フィギュア強化部長は22日、左足甲の靱帯(じんたい)を痛めている男子の羽生結弦(ANA)について「ジャンプやスピンとまではいかないが、滑り始めている」と練習を再開したことを明らかにした。
羽生は4月に「リスフラン関節靱帯損傷」のため全治2カ月の安静、加療を要すると診断されていた。

羽生、練習再開…「氷に乗っている」と強化部長

…左足を痛めていたフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が、軽い練習を再開したことが分かった。
日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長が22日、「氷の上に乗っている」と語った。本格的なジャンプやスピンは、まだ控えているという。羽生は昨シーズン中に左足甲の靱帯(じんたい)を損傷し、銀メダルを獲得した今春の世界選手権後は練習拠点のカナダ・トロントで治療を続けていた。


少しずつ氷に乗りはじめているのですね。
ジャンプやスピンとまではいなかい、まだ控えている、軽い練習とあるので、あせらず調整してくれているのでしょう。
確実に治し、再発することのないように、じっくりとリハビリを続けているのなら、よかったと思います。

リスフラン関節靭帯。
まさか、そんな専門用語を覚えてしまうとは思ってもいませんでした。
自分の足の甲をさわってみては、このあたりかなと確かめて、ここが炎症したり切れそうになったらさぞ痛いのだろうと想像したりしました。
まして、あの重いスケート靴を履いて、重力に逆らってジャンプしようとするのなら。

リスフラン関節、ショパール関節。
どちらもフランスの外科医の名前だとかで、妙におしゃれに聞こえてしまうのも不思議な感じです。
権威ある高名な医師であったろうその先生に、どうか、もう痛める事のありませんようにとお願いしたい気持ちになります。

全治二か月というけれど、世界選手権からそろそろ三か月になります。
もちろん、二か月ですぐにスケートができるわけはないと思います。
でも、フィギュアスケートTVの報道や、神戸でのコラボレーションが決まっていたことからすると、もしかしたら、一度は練習を再開しショーにも出ようと試みていたのかもしれません。

そんな無理を続けないで、休むことを選択してくれたのなら、それで本当によかったと思います。

羽生選手にとっては長い三か月だったと思いますが、その忍耐が、秋からの実りにつながりますように。
急ぐことなく守りに立つことも、時には必要な知恵であり、勇気だから。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「フィギュアスケートLife」Vol.6…羽生選手とハビエル選手

「フィギュアスケートLife」Vol.6をとても面白く読んでいます。
まるでスケーター百科事典のように、ひとりでも多くの選手を紹介し、その選手のよさを伝えようとする、熱意に溢れた構成。
すべての選手へのリスペクトが感じられ、ページを開くたびにその魅力にうっとりしてしまうような一冊です。
その内容の濃さに、一ページごとに一つの感想記事を書いてもまだ足りないような気さえします。

羽生選手へのインタビューも、彼の言葉がすっと届くように感じます。
ワールドからひと月半を過ぎて、まだ痛みのある中で当時を振り返る羽生選手の言葉の静かさには、胸を打つ響きがありました。
日々乱高下する体調の波をかいくぐるようにして、足の痛みと腫れをおさえながら試合に出た。
その葛藤をあがなうかのように、自分の表現を追求しスケーティングを楽しみ、清々しく演じきることができたエキシビション。

「交感神経が高ぶりすぎて、その副作用でフリーを失敗した」というのも、羽生選手らしい感覚だなとうなずけました。
あまりに細かく分析して、メソッドとして説明しようとすると、かえって迷路に入り込んでしまうかもしれない。
羽生選手は確かに、自分を客観視して考える論理的なスケーターかもしれないけれど、その個性的な感覚を、身体でも言葉でも直感として表現していく人でもあると思います。


ところがこの本について、amazonのレビューなどで批判が展開されているのを知りました。
それは主に、ハビエル選手の記事のこの部分についてのようです。
一部引用させていただきます。

「ああいうことは、(ホームリンクで)練習しているときでも、時々あることです。誰もが誰かの邪魔になるような場所にいる、ということがあるものだからね。僕は2人どちらの立場もわかります」
「ユヅルは「僕がすごいところを皆に見せてやる」みたいに思っていたけどできずにイライラしたと思います」
「デニスの方はちょうどスピンをやっていたから、ユヅルが見えなかったんじゃないかな。スピンをしている最中にどうにかしようと思っても、実際のところ何もできないものだし」

これを読んで、ファイナルの時、バルセロナの観客のハビエル選手への大歓声を聞いて、「見てろよ!」とダッシュして「俺だぞ!今から俺が滑るんだぞ!」と3Aを跳んだ、と言った羽生選手を思い出しました。
そんなふうにしてモチベーションを上げ、闘争心を燃やしていった羽生選手の姿を。

この件をまた蒸し返すのか、という声もあるようです。
でも、ワールドのあと出版された雑誌の多くが、この件について書いていたと思います。
なかには、羽生選手がプレスカンファレンスで、精神状態がぐちゃぐちゃだったと言ったのを、テン選手の件が原因で、という内容の注釈をつけた雑誌もありました。

私には、ライフのハビエル選手はむしろ、「だから、この件はもう蒸し返さなくていいんだよ」と言っているように読み取れました。
自分もまたひとりの選手として、羽生選手もテン選手も、両方の立場を理解して、握手したことを尊重してくれていると感じました。

気質の違う二人だからこそ、切磋琢磨しながら、あるいは同時にリンクにいなくてもお互いを意識しながら、尊敬しあって伸びてきました。
だからこそ羽生選手は、自分がクリケットにいない間にハビエル選手が構成を上げたことに、何かしらの感情を抱いたのだと思います。

サルコウをマスターしたいという羽生選手を快く受け入れ、仲間としてくれたハビエル選手。
お互いを鏡に映しあうような対照的な二人。
そうして世界のトップを争う二人を指導することに、コーチとしての誇りを持っているオーサーさん。
羽生選手の怪我がよくなり、また、クリケットのリンクでのそんな日々が戻ってくることを、待っていたいと思います。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

アイスジュエルズvol.3 …よく休むことはよく練習するのと同じくらい大切なこと

「アイスジュエルズvol.3」の、ブライアン・オーサーコーチへのインタビューを読んで。
ワールドの翌日のインタビューだとのことですが、かなり踏み込んだ内容になっていて、コーチが普段からどう考え、羽生選手をどう見ているのかがうかがえると思います。

素晴らしい二度の試合で新しい扉を開いた羽生選手を、とても誇りに思いながら、それがゆえの重圧を本当によく理解している。
記録は保持しているけれどもワールドでは2位に終わった今、これから先のためにどうしたらよいのか、具体的な示唆を与えてくれています。

まず、頑固で、時に無謀な事をしてしまう羽生選手に、それが逆効果である事もあると諭しています。
充分なウォーミングアップもせずにいきなり4Sを跳んで転倒しまったという羽生選手の姿が、目に浮かぶようです。
一心不乱になるとものすごい爆発力を発揮する羽生選手ですが、何かにつかれたようになっている時には、怪我のリスクも高く、要注意なのでしょう。
普段から積み重ねてきたトレーニングを信じていれば、試合に入っても、精神的な安定を保つこともできるでしょう。

そして、何もかも自分で背負いこまず、周囲に責任やコントロールを分けること。
羽生選手は、常に世話をやいてくれる人に囲まれているけれど、それとはまた別の面の事を言っているのだと思います。
専門家の集団であるチームブライアンと、私的なサポート役であるチーム羽生との、協力と分担とのバランスを取ることが必要なのでしょう。

羽生選手自身は「どこに乗せるべき氷なのか、スケーティングの技術をもっといろいろコーチのトレイシー・ウィルソンから吸収しなければ」と言ってます。
チームブライアンの伝えるスケートの技術が最高である事を、誰よりもよくわかっているのだと思います。
身内のように傷心をなぐさめ励ましてくれる存在とは、まったく別の意味があるのだと思います。

そして、何と言っても、オーサーコーチが
「よく休むことは、よく練習するのと同じくらい大切なこと」と明言している事です。
これほどはっきりと、羽生選手の抱えている問題点を、コーチが率直に言ってくれるとは。

万全ではない体調で4回転をやれば怪我をしてしまう。
4回転だけではなく、他の要素もすべて大事にして、プランニングをする。
ハビエル選手は、この日は通し練習、今日はこの種類の4回転、前の日はよく寝て準備する…と、計画を立てて練習しているそうです。
いかにも体力があって、持久力も回復力も高そうなハビエル選手が、です。

羽生選手は、日本にいる時間が長すぎました。
トロントに行けば、オーサーさんが留守の時でも、彼の指示のもとでちゃんと見てくれるスタッフがいる。
それだからこその「チームブライアン」です。
今シーズンは、もうこのまま帰ってこなくていいので、冬に向ってのピーキングを、どうか計画的に、お願いしたいと思います。


最後に、テン選手との出来事について。
「ハビエルの音楽の順番の時は、ロシアの選手が途中で入ってきてジャンプの邪魔をされました。でも相手はわざとではありませんでした。こういうことは、よくあることなのです。ハビエルはあまり気にせずに流すほうなのですが、今回のユヅルはちょっと過剰に反応してしまい、それが精神的に今回の試合の結果に影響をしたのだと思います」

オーサーコーチは、せいいっぱい、羽生選手をかばってくれているのだと私は思いました。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR