本田真凜選手・ジュニアワールド優勝おめでとうございます!

本田真凜選手の快挙、本当に素晴らしい!
この音の取り方、シュールで怪しげな雰囲気の出し方、
曲に合わせて表情を変えるところ。
そして自信にあふれ、心地よいスピード感があり、
心から楽しそうな、生き生きした演技です。



SP・FSともにパーフェクトの堂々とした安定感で、
ジャンプもすがすがしくて本当にきれいです。
濱田コーチのおでこは選手に魔法をかけているのかも。

本田真凛 1

この二枚を撮ったのは、挙げた右脚がとてもきれいで、
つま先までがまっすぐに伸びていて、なんとも言えず美しかったから。

本田真凛 2

エッジワークのアップ映像も、本当によく躍動していて素晴らしかったです!


そして三位の樋口新葉選手のFS。



SPがうまくいかなくて、笑顔と残念な顔との、かわるがわるの表彰台でした。
ダイナミックで豪快なジャンプと、前へ前へ出ていく存在感、
負けん気の強さも、アスリートとしての彼女の美点だと思います。
怪我に苦しんだシーズンで、2年連続の3位は悔しいと思うけど、
来シーズンの彼女を楽しみにしています。


白岩優奈選手の笑顔。



これは「悲しみのクラウン」だから、笑っていなくては。
でも曲想がとりにくくて難しいのかな、と思います。
ノーミスに見えたけれど、ジャンプで減点されてしまいました。
でもまだジュニア1年目だから、これから伸びていってほしいと思います。


残念なことに、怪我で棄権する選手が出てしまいました。
男子もそうだけれど、今年の世界ジュニアは厳しい試合となりました。
将来ある若い選手たちが、よい環境にめぐまれて成長してゆけますように。

素晴らしい演技をありがとう!



スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「KENJIの部屋」第2回 世界ジュニア初参戦

羽生結弦選手エピソード2(前編)
いよいよ内容は濃く深くなり、スケートの話に熱が入る羽生選手と宮本先生です。
アクセルは特別なジャンプ、他のジャンプは後ろで締め、締め方が横。
でもアクセルは縦で締める。わかるようなわからないような。
そしてアクセルは変人。この方ですね。

アクセル・パウルゼン

お姉さんを見ていてダブルアクセルを跳べるようになる。
浅田選手を見ていてトリプルアクセルを跳べるようになる。
それなのに、一年くらいまた跳べなくなる。
そういうとき、「悔しい!」が羽生少年を駆り立てていたのでしょうね。

宮本先生のジャンプ苦労話をうなずきながら聞く羽生選手は、まるでアドバイスする先輩のよう。
「それぞれ骨格とか違うからわかんないですけど…賢二先生は跳び方が変でした、確かにあの時」

4Lzを一回だけ降りた事があるとか?
それよりも、3Lz+3Tの確率が低すぎるのは内緒です!

曲によってジャンプのタイミングが左右される、と言っていますが、それこそが「音楽を奏でているような演技」につながっていくと思うので、そこはぜひ頑張ってほしいと思います。
自分が跳びやすいタイミングを取るのではなくて、曲と一緒に跳び上がり曲と一緒に降りてくる演技。
空中で回転しながらも音楽に乗っているような演技が、素晴らしいと思うのです。

同じ種類のジャンプでも、回転数が違うと跳べなかったりする。
今ではダブルアクセルも無理しないと跳べないのですね。

実は田村岳斗さんによくしてもらい、声をかけてもらった、という話からジュニア時代の話へ。
世界ジュニアで優勝したとき、中学校の卒業式で文武両道を宣言。

中学卒業式

そして、世界ジュニアに初参戦のときに、もう、自力で枠を増やしてやろうと意気込んでいるなんて。
練習時間を増やして腰を痛めて挑み、怪我をしたこと自体が悔しく、12位という結果も悔しかった。
そして、自分にも周りにも言い訳をしないことを決意した。



ジャンプの着地で転倒はしていますが、やわらかな膝、身のこなし、音楽の表現、スピン、素晴らしいと思います。

2009 J W

*羽生選手は13位と発言していますが、正しくはショート11位、フリー13位、総合12位です



画像お借りしています。ありがとうございます。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

世界Jr.そして羽生選手





世界ジュニア選手権で宇野昌磨選手が優勝、山本草太選手は3位に入賞しました。
おめでとうございます!

2015 World Junior FSSota YAMAMOTO snapshot

山本選手のカメラ目線アピール、ちょっと照れて笑っているけど、気持の余裕を感じました。FSで挽回したのは本当に見事でした。

宇野選手はSPは素晴らしかったのがかえってプレッシャーになったのか、FSでは最初の4回転が崩れ、ちょっと残念な演技だったようですね。技術点ではなくPCSが高いという。
それからロシア勢が崩れたり、ボーヤン・ジン選手がFSで4回転を3回決めたり。


で、宇野選手の優勝を、ニュースがさかんに「羽生結弦選手以来」というのです。
羽生選手が世界ジュニアで優勝したのは、2010年、バンクーバーオリンピックの年でした。
もちろんその事を知ってはいたけれど、なにしろ高橋大輔さんと浅田真央選手の事でせいいっぱいだったのです。本当にごめんなさい。

羽生選手のこの時のプロトコルを見ると、4Tはなく2Aなんか入っていて、可愛いな、なんて思ってしまいます。
羽生選手は、その後シニアの壁をあっという間に乗り越え、オリンピックチャンピオンにまでなりました。
羽生選手は、自分の演技に「このあたりまでだな」という制限をする事がありません。

ファントム

世界選手権まであと3週間足らずです。



人気ブログランキングへ
画像・画像感謝してお借りしました

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR