フィギュアスケートLife Vol.6…パトリック選手とトリプルアクセル

名選手であっても、トリプルアクセルの苦手な選手は少なくないようです。
羽生選手が次々と新しい技に挑戦して来れたのも、盤石で美しいトリプルアクセルがあるからこそ。
ソチでの金銀を分けたのも、パトリック選手が最後に跳んだアクセルだったかもしれません。

パトリック選手のような大選手が、
「安定したトリプルアクセルを跳べるようにならずに引退していたら、僕は自分自身を許すことができなかっただろう」
「3度世界チャンピオンになったけれど、それなしでは真に自分が世界チャンピオンだとは言えなかったと思います」
と、正直に話しています。
パトリック選手にとってほとんど唯一の弱点だったアクセルです。
休養し復帰して、それからなお自分に足りないところを克服し前進しようとする態度。
素晴らしい努力だと思います。

ある時期までは、男子で2Aを入れている選手は珍しくなかったと思います。
でもあっという間に、それでは勝てない時代になりました。

羽生選手は「アイスジュエルズ」で、
「自分自身が彼の構成を変えるぐらいの選手になれたことが嬉しい」と話しています。
いつも目標にしてきたチャン選手の存在を、羽生選手は今でもずっと見つめ追いかけているのだと思います。

宇野昌磨選手についてもチャン選手は、「彼は僕が経験したことをこれから経験するのです」と言ってくれています。
その後宇野選手は、あっという間に4Fを習得していきました。
才能あるスケーターたちがそれぞれの時代を築き、お互いに影響しあいながら歴史を織りなしていく。
世界選手権はそんな素晴らしい連鎖の場でもありました。

そして、パトリック選手の氷を見極める深い眼差し。
時には氷の質について進言してくれるのも、実績のある選手だからこその役割を果たしてくれているのだと思います。

ソチからのパトリック選手の二年間は、本当に長い戦いだったと思います。
迷っていたけれど、平昌まで現役を続けてくれるという。
圧倒的なスケーティングを武器にしてきたチャン選手が、高難度ジャンプ時代の到来に順応しようとしてきた、長い葛藤を思います。

5位に終わったことはがっかりしているけれど、
「会場にエネルギーが満ちていて、自分が生きていることが素晴らしいと感じた」。
そんな幸福感にあふれた演技を、これからも届けてくれますように。


スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

休むという選択

怪我の事を書くのはもうやめようと思っていたのですが、「SPUR」の宇都宮さんの記事を読んだので、少し書いてみようと思います。

「休むという選択をして、彼は彼らしくいられただろうか」

休まないのが、彼らしくいることなのでしょうか。
焦がれる心を制御しないのが、彼らしくいることなのでしょうか。

昨シーズン、怪我をしながら中国杯に出場し、その後の試合にも休むことなく出場し続けました。
手術から回復した直後、ひとりで練習していて重い捻挫をしてしまいました。
その結果、ワールドは準優勝でした。
今シーズンはその経験を生かせるものと思っていましたが、結果はやはり、準優勝でした。

闘争心のたぎるままに従って、適切に休むことを選ばないのを、なぜ賞賛するのでしょう。

もしかしたら、選手生命にかかわることになったかもしれないのに。

まして、これ以上に難度をあげ、新しい技にも挑もうかというのに。

パトリック選手が言っていました。
…いつ怪我が起こるかわからないし、いつか壁にぶちあたる。
ゆづは4本目の4回転をやるかもしれないけれど、そこまでだ。
そうしたらリスクが高くなって、その危険な報酬もますます増える…


今現在、遠いカナダで治療を受けていて、たくさんの人が待ってくれている大好きなショーに出たいと、心は焦がれていると思います。
でもちゃんと休めています。
堂々と、休むという選択をしてくれているのだなと思います。

このさき2年、たとえシーズンの途中であっても、不調への対応が遅れたら、取り返しのつかない事になりかねません。

何があっても休まない、何があってもリンクに出る彼を讃え続ける人たち。

それはいったい、何のためですか?


悲劇の彼から脱出するための「SEIMEI」だったはず。
今をターニングポイントとして、本当の意味で、その脱出をはたしてくれたならと思います。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

北京の冬、それとも

ワールドの直後、中国メディアの取材に答えて

「引退はわかんないので、なんとも言えないですけれども、ただ、とにかく今は、平昌に向って、一生懸命やっていきたいなと思っていますし、北京の時ももしかしたら滑るかもしれないので、また、本当にその時まで、ちょっとまだ想像はできないですけれども、自分がその時にできることを一生懸命できてたらなと思っています」

去年の夏に、平昌で引退するつもりだと発言し、それをあとになって訂正していましたね。
平昌ですべて出し切り優勝して、ベストな状態のままでプロとして活動していきたい。
でも彼は、自分の道は自身で決定したい気持ちがとても強い一方で、周囲の期待にも応えようとします。
多方面に配慮していたら、その希望は通らないのかもしれません。
両方を一度に選ぶ事ができない以上、難しい選択になるのだろうと思います。

偉大な先輩たちを追いかけて、先駆者として走ってきたからこそ、いさぎよく後進に道を譲りたいと思っているだろうから、平昌の直後のワールドにも出ないだろうと思っていました。
でも、今の状況だと、それも出場したい気持ちが強いのかもしれません。

このインタビューは中国のメディアに対してなので、かなり割り引いて聞く必要があるかとは思います。
でも、想像してみると、平昌の後でさらに現役を続けていくのも、悪くはないなあという気がしてきました。
それは例えば、一年間休養して復帰した、浅田選手やチャン選手が示してくれた姿を観たから。
引退して別の道を歩み始めた小塚さんが、スケート界の未来のために行動し提言してくれたから。

若い選手たちが急速に伸びてゆくなかで、最先端の技術はなかなかむずかしいにしても、フィギュアスケートの真髄をみせてお手本となり、深い場所から支えてくれた姿。
豊かな音楽表現や、正確で美しいスケーティング、内側からにじみ出るような情感、そして、風を感じ自由を感じて、氷上にあることを心から楽しむこと。
円熟の境地にある選手たちは、とても大切な事を教え続けてくれました。
羽生選手もそんなふうに、その年齢それぞれの大きな花を咲かせてくれるかもしれません。
その時にはまた、昨年の夏、萬斎さんとの対談で語られたことを思い出すでしょう。


わずかの間に宇野選手は、高度な構成をマスターしました。
これからさらに磨きをかけ、洗練させていく事でしょう。
羽生選手は羽生選手の戦略をもって、未来を探し当て、歩んで行く事でしょう
それが北京まで続くのでなくても、途中までだとしても、その時々の選択があっていいのかな、それもきっと素敵だろうな、という気がしています。


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「小さなポイントが大きな結果へ作用する」

SPの滑走順・最終グループは、
日本時間の31日(木)10:51開始予定。

25 宇野昌磨
26 ハビエル・フェルナンデス
27 デニス・テン
28 パトリック・チャン
29 羽生結弦
30 マキシム・コフトゥン

神の見えざる手が動いたかのような順番です。
籤を引くとは神意を問うという意味もあるのでしょう。
それだけの大勝負が始まるのですね。

ボーヤン・ジン選手は第4グループなので、
10:23分開始予定です。


昨日はお見舞いくださってありがとうございました。
今日は、ほんとうに体調がよくないのか、
それとも決戦を前にして熱にうかされているだけなのか、
自分でもよくわからない(^^)
テンションはいつにもまして変だけど強行するのでよろしくお願いします。


高橋大輔さんの「すぽると」出演を初めてみました。
羽生選手の演技を見つめる高橋さんの表情はアスリートでした。

「彼は頂点と言っても過言ではない選手だと思うんですけれども、
あとはもう、お手本がないところを創造して行かなければいけないわけで」
「未知の世界を探っているという所、その、
創造力の強さっていうのを彼は持っているのかな」
「それが進化につながっているのかな」

すぽると160329

「現役を引退するまでは満足しないと思います彼は」
「シニア初デビューの時、会うたび、ワンシーズンの中で、
どんどん新しいものができるっていう印象を受けて」
「正直びっくりしましたね。恐ろしかったです」

ハイレベルなワールドは
「小さなポイントが大きな結果へ作用する」

4Tを4Sに変えることで得られるポイントはわずかでも、
その挑戦には大きな意味があり、
もしかしたら歴史を書きかえることにつながるかもしれない。

…やっぱり、熱にうかされるかも。
選手のみなさんの努力が実を結ぶ、
素晴らしい試合でありますように…!




画像はこちらの動画からお借りしています。ありがとうございます。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

パトリック選手の選択 

ワールドを目前にしてパトリック・チャン選手へのこちらのインタビューに驚きました。

…パトリック・チャン選手は、世界選手権大会で4勝目を目指しており、
大会のあとこのまま復帰し続けるか、これを最後に引退するのかを決める。

もし、これからも競技を続けると決心したら、次の2年間は努力を続ける。
来年が終わったところであきらめるのは、とても残念だから。

オリンピックシーズンのためだけに、
来シーズンは休養すると決めるとしたら、それは戦略的にとても愚かなことだ。
これは、今シーズンの後で、僕が現役を続けるかどうかを決めるのに、
大きな要因となるだろう。…


パトリック選手は、世界選手権のあとで、これから現役を続けるのかどうか、
そして次のオリンピックを目指すかどうかを決めるというのですね。

ソチの銀メダルの後休養し、それから復帰していくのは大きな選択だったと思いますが、
ワールドの後でもまた、そんな分岐点に立つことを決心したうえで、
出場しようとしている。

この一年、男子シングルの世界は激動の一年でした。
その中心にはもちろん羽生選手がいて、
息つく間もないほどのエキサイティングなシーズンでした。

でも、その最後を飾るワールドの大舞台には、
チャンピオンのハビエル選手がいて、
世界最高得点をもって挑む羽生選手がいる。
一方にパトリック選手が、一方にボーヤン選手がいて、
そしてもちろん、デニス選手と宇野選手がいる。

どの選手も、お互いを尊敬し切磋琢磨しながら、
それぞれの道を探ってきてくれました。

群雄割拠のそんな時代も、ワールドが大きな転換点となり、
ひとつの頂点となっていくのかもしれません。

長く男子フィギュアを支えてくれたパトリック選手の選択が、
最高の舞台での最高の演技のあとに、確信をもってなされますように。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR