アイスジュエルズvol.3 …チーム羽生と自立の問題

スケートのための「チーム羽生」と、羽生選手の自立についてが、同じ文脈のなかで語られる。
それは多分、「チーム羽生」と、羽生選手のご家族とが重なっているからですよね。

ここで言う「チーム羽生」とは何か、誰と誰の事を指しているのか。
「自立」とは何か、ひとりの子どもが親から自立することなのか、選手としての活動をめぐってなのか。
公の事を言っているのか、私の事を言っているのか。
あいまいなままに、誰でも知っていることのようにして、話が進んでいます。

この境界のなさ、分けようもなく混然となった感じが、はからずも、羽生選手が身を置いている現状を表しているのかな、と思いながら読みました。

これは私の推測、想像なのですが、羽生選手が平昌で引退したいと言う事の理由の一つには、二人三脚で世界を回ってきたお母様をご家族のもとに戻したい、という気持ちもあるのでは、と思っています。
逆に言うと、現役の選手である間は、お母様のお力を借りていくつもりなのではないかな、と。


「チームブライアン」は、オーサ―コーチを中心とする、クリケットクラブでの集団指導のことを指しているので、羽生選手専属ではありません。
でも、最高レベルの専門家たちが集まり、あらゆる面から選手を育て、素晴らしい環境を提供してくれます。
「チーム羽生」はこれに対して、羽生選手専属のサポート体制を指しているのでしょう。
だからもちろん、「チームブライアン」の一員である羽生選手は、両方のサポートを受けているので、いいバランスを保ちながら、権限を住み分けしながらやっていけているのだろうと思います。

選手としての「自立」と言えば、自分の頭で考え、プログラムや音楽を自分で構成していく事を指しているのかな、と思います。
例えば、シーズンの途中で「バラード第1番」を大胆に改変したこと。
その結果、軛を断ち切り、魂が叫んでいるような凄味のある、一期一会が実現しました。

でも、矛盾しているようですが、「自分で考え自分で決める事=自立」とは必ずしも言えないのではないか、という気がします。
コーチや他の専門家のアドバイスに耳を傾け受け入れること、それもまた、精神が自立し自由であることの証しではないかと思います。

もちろん、自分で出した結果は自分で引き受けなくてはなりません。

羽生選手はいつも、音楽を大切にし表現に意味を持たせたい、と志すのですが、勝敗のかかった試合になるとなかなかそうもいかないようです。
そして、負けたことを起爆剤にしていると、そういう方向性のプログラムしか選べなくなるのでは、と思います。
オーサーコーチ、トレーシー、宮本賢二さん、萬斎さん。
導いてくれる人がたくさんいること、彼に手を差し伸べたいと願っている、優れた人たちがたくさんいることを、大切にしてくれたらな、と思います。



スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

われいまだ木鶏たりえず

一夜明けて、またあらためて、残念な思いが込み上げてくる。

美しくきらめく演技が見たかった。

最後のバラードは、怒りの叫びで終わってしまった。

勝利のために捧げた怒りなら、もちろん、甘んじてうけとめよう。


ハビエルの名前がクリケットのプレートに掲げられている。

それを見ていつも悔しさをたぎらせ、「見てろよ!」と猛る。

悔しさ、負けたくない、必ず勝ちたいは、ずっと彼を突き動かしてきた。

他の誰でもない、自分自身の課題として、勝つための努力を惜しまなかった。


けれども今は、年齢と経験を重ね、次世代から追われる立場になった。

わずかな差を成果に結び付け、成熟し、真髄に迫っていかなければならない。

カナダ杯では、自分の不甲斐なさへの怒りを次の演技にぶつけた。

その時彼は「怒り」という感情を使ったのであり、怒りに駆られ支配されたのではない。

それは他者への怒りではなく、自分への怒りだからだ。


負の感情は人を奮い立たせもするが、消耗させ、疲弊させもする。

だから、どんな時、どんな場所、どんな状況でも、自らを律していなければならない。

平常心を保つことの意味を、他ならないハビエルから教えられた。

これからまた、ハビエルは彼を教え、導いてくれるだろう。

試練はまた降りかかるかもしれないし、課題はいくつも見つかるだろう。

どうか、アスリートの魂をもって、真の王者として輝くために。

次の舞台で、洗練され、天地人に真直ぐに立つ、誇りあるあなたを待っています。





テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

SP・プレスカンファレンス

ショートプログラムの後のプレスカンファレンスでの、羽生選手の発言を聞き取ってみました。

「まず、今日は、非常に緊張していたというか、いつもより緊張の質がちょっと違って、何か、う~ん、自分のなかで心の状態と言うか、そういうものがぐちゃぐちゃしていたかという気持ちはありますけれども」
「ただ、そういう事もしっかりと踏まえて、ここの世界選手権という舞台で、一番大きな舞台でまとめられたことがうれしいかないうふうにと思います」
「ただ、ステップであったり4回転トウループであったり、まだ改善の余地はあると思うので、また来シーズンと言わずに、明後日に向けて、しっかり改善していきたいと思います」

ワールド2016 SP プレカン2

「やはり皆さんが思う基準の点数と言うか、皆さんが思う基準のパフォーマンスが非常に上がってきているので自分自身もちろんプレッシャーというか、そういうものをすごく感じていますけれども」
「ただ、自分がやるプログラムだったり、またはそのパフォーマンスの質というものは、まったくもって目指すものは変わってはいないので」
「とにかく周りが何と言おうと、僕自身が一番自信を持って、またはスケートをしながら幸せだな、という事を感じながらやれたかな、というふうに今日は思っています」

「今日の感覚はすごくいつもと違っていて、オリンピックでもちろんSPは100点、初めて超えましたし、もちろん全日本選手権もすごく緊張するし、ファイナルだって緊張しますけれども、すごくその違いと言うか、今までの自分の試合経験からでは、全く違ったような心境にあったので、それがその中でもしっかりいい演技ができた事がすごくうれしかったな、と思っています」

「ハビエルが去年は優勝しましたし、パトリック・チャン選手は、自分がまだまだすごく追いかける立場の時は、三回も優勝していらっしゃいますし、すごく自分自身リスペクトしているというか、本当に尊敬している二人のスケーターでもありますし、このプレスカンファレンスにいない選手たちにも本当に尊敬しています」
「尊敬しているからこそ、その中で自分が一位になりたいという思いはすごく強くありますし、特に練習している時に関しては、絶対にワールドチャンピオンになってやるとすごく思ってきました」
「ただ、今回SPを滑ってみて、あまりそういう事を考えずに滑りましたし、それが自分のなかでの一つの答えと言うか、それも一つの集中する手段なのかなと思いました」


英語で答えようとして言葉を宙にさがしている表情

ワールド2016 SP プレカン1

チャン選手へ記者からの「カムバックありがとう」を聞いてうれしそうにうなずく

ワールド2016 SP プレカン3


心躍る晴れやかな競技会を期待していたけれど、残念なことに、
この正直な発言をするまでには、相当の感情の揺れがあったのだろうと思います。

でも、ここでこうして話している途中でも、思考が整理され落ち着いて、
よい方向への扉を開く鍵を見つけたのではないか、と感じました。

「怒ってしまった自分がだめだ」とも言っていたので、
きっともう大丈夫だと思います。


最後の「SEIMEI」は、清明な、和の美徳の発露であってほしいから。
闘争心は内に秘めて、激情を解き放つのはコレオステップまでとっておいて。


「尊敬しているからこそ、その中で自分が1位になりたい」
彼が心からの幸せを実感できる、素晴らしい演技を待っています。





こちらの動画を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

バラード・その最終章

同じショパンのバラードを、ワイルドだったりアグレッシブだったり、
大胆に揺らして弾いているピアニストは多い気がする。
でもツィメルマンは端正に繊細に、感情の発露を抑えていると思った。

バトルさんが羽生選手のためにこの曲を選んだとき、
心を静めて自分の世界に入り込み、穏やかさと熱情との間を紡いでいくように、
「パリの散歩道」とは別の情景が広がるようにと、作ってくれたのではないかと思う。

試合の流れは重く曇った雰囲気で、その空気は尖っていたのかもしれない。
けれども彼はどんな時でもその直感が命じるままに動いて、
一度しかない自分の作品として、また新しく描きかえていくのだと知った。

もの思い、静かに内省していた青年が、外界の強い何かと葛藤し、
傷つき、自身の変化にとまどいながらもそれと闘い、自らを発見し、
眠っていた烈しさを解き放っていく、そんな物語を読んだ気がした。

嵐のような4T3Tから出て、強くトウを叩きながらスピンに入るまでのわずかな間に、
大きく深いターンを踏んで、繊細な弧をゆっくりと描いてくれたから、
その瞬間の、全身と氷とが語り合う美しさだけで、私にはもう充分だった。

ひとたびリンクに立ったなら、誰の指図もなく命令もなく、
自分だけの作品に魂をさらして奔出させることができるから、
そのために試合に出たくて、だからこそ勝ちたいのではないかと思った。

技術はそれぞれの要素としてパズルのように決まるだろう。
けれどもそこにある感情は他の誰でもない、彼だけのものだ。
その高揚に躊躇なく身を投げ出す大胆さを、彼は今日も証明してみせた。

本当にこれが最後かと思うと感無量だった。
彼は、ここへ来て、演じきり、ただ勝つのだと知った。
続く「SEIMEI」が燦然と輝くであろうことに一分の疑いも持っていない。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ワールド男子SP最終グループ・ライスト中

今日はこちらからロシアより接続の女神が微笑んでいます
どうかこのままで

<最終グループ>
25:宇野昌磨
26:ハビエル・フェルナンデス
27:デニス・テン
28:パトリック・チャン
29:羽生結弦
30:マキシム・コフトン

背中のファスナーはどうしたの

みんな、落ち着いて…!

だめだ、ライストの女神に見放された
別なサイトに移動

ハビエルが~!!
…それでもこのスコアとは、この先大変なことになりそう

パトリックのアクセルが
でも、伊達でしゃれた大人の雰囲気が素敵だった

羽生選手、頑張って!

ワールド2016 SP

映像が途切れた
でも、何が起こったのかはわかった



「見たか~!」と叫んでいた

この場面で、こんな演技ができるなんて

怒りもまた、彼の動力になったのかもしれない

ものすごい試合だった

すべてさらけだし、むきだしだった

これはもう、演技じゃない

絶対に勝つ、勝つためにここに来たと吼えていた



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR