スケートアメリカ2015・SP

わずか半年の間に、選手というのはこんなにも変わり、成長して行くものなのでしょうか。
宮原知子選手のこの、前に出てアピールしていく力強さ、存在感には驚きました。



フラメンコの深い情熱、意志の強い女性の妖艶さを、こんなに堂々と表現できるとは。
彼女のひたむきな努力の賜物だと思います。
試合の後の言葉も、明日へと気持ちを高めていく、静かな自信に満ちていました。

男子は、4回転を成功したものが上位に立てる、そんな試合でしたね。
マックス・アーロン選手は4S+3Tを決める会心の演技。
残念だった宇野昌磨選手・無良崇人選手そしてデニス・テン選手とで明暗が分かれてしまいました。



テン選手は、彼らしい重厚で壮大な音楽です。
ミサタンゴという言葉は初めて聞きましたが、彼には羽生選手とはまた違う音楽へのこだわりを感じます。
ジャンプが決まらなかったのは、やはり怪我の影響があるようですね。
でも彼はシーズンの後半に向けてどんどんよくなっていくので、これからの復調に期待したいと思います。



宇野選手は、イーグルからのトリプルアクセル、独創性のあるスピンと、とてもいいと思います。
でも残念ながら後半の4Tに失敗してしまいました。
SP4位と、ちょっとほろ苦いシニアデビューでしたが、彼の挑戦はまだ始まったばかりですね。



いよいよ今日から、試合の季節が始まったのですね。
あの対抗戦のあと、世界中に散らばって、それぞれのホームに戻り、あるいはまた旅に出て、技を磨き、心を高めてきた選手たち。
それぞれの夏の成果を持ってまた、競技の舞台に帰ってくる。
素晴らしい物語を見せてくれる。
そんな期待に胸が熱くなるようなシーズンの幕開けでした。



スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

スケートアメリカ 2015

グランプリシリーズの初戦・今週末はいよいよスケートアメリカですね。

スケートアメリカ

デニス・テン選手の9月の練習動画です。
片足で体重移動しながら、なめらかに滑って行くリズムがなんとも心地よい。
オータムクラシックには出られなかったので、調子はどうなのか、どんなプログラムなのか(タンゴ?)とても楽しみです。



シニアデビューの宇野昌磨選手の後半4回転は、怪我からあけた無良崇人選手の新しいプログラムは…と、もちろんこちらも注目ですね。

ユリア・リプニツカヤ選手のアディダスのCMです。



オリンピックは多くの選手たちにとって、アスリートとしての人生の分岐点でした。
彼女もまた、ソチの栄光から苦労している一人だけれど、彼女にとってもまた、再出発のためのよいシーズンでありますように。


そんな中で、羽生選手と野村萬斎さんの対談が、テレビ朝日の「報道ステーションSUNDAY」で放映されるのですね。
10月25日(日)の16:30~17:24放送予定だそうです。
これはまた、忙しくも充実した週末になりそうですね。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

I'm proud of ...

「KENJIの部屋」はもしかしたら、2012-13年のNHK杯や全日本の初優勝については触れないのかも?
と思いながら、その頃の動画を見ていました。
2012年、スケートアメリカのSPでの素晴らしい演技のあと、羽生選手を迎えるオーサーコーチはこんな雰囲気です。

SA2012 Yuzuru HANYU SP 1

遠くて解りにくいのですが、これから世界最高得点が出るというのに、さっと軽くハグして終わる二人です。
そんな高得点が出るとはまったく予想していなかったのがよくわかります。
そして、プーさんがいません。
演技の前にはちゃんとリンクサイドにいたはずのプーさんはどこに?

でも続くFSでは、コーチはちゃんとプーさんを抱えて迎えに来てくれています!

SA2012 Yuzuru HANYU FS 1

なのに、あまりにがっかりし疲れた羽生選手は素通りしそうになってしまい、コーチに心配そうに話しかけられています。

SA2012 Yuzuru HANYU FS 2


ところが、それからひと月ほど後のNHK杯では、羽生選手とコーチの距離が近づいたのがはっきりとわかります。

2012 NHK SP 1

うれしそうに、自分から手を差し出して

2012 NHK SP 2

思い切りコーチの腕に飛び込んでいくハグ。

2012 NHK SP 3

はじけるような笑顔でアイコンタクトをかわします。

2012 NHK SP 4

プーさんをコーチに渡して持ってもらう遠慮のなさ。

2012 NHK SP 5

ハビエル選手も応援してくれていたのですね!

2012 NHK SP 7

わずかの間にコーチとの間に信頼が育ち、クリケットクラブの仲間として溶け込んだのがよくわかります。
そしてこの時、コーチは so proud of you ! って言っていますね(多分)
オーサーコーチは羽生選手を褒める時、それから何度も何度も、 I'm proud of you ! と言って、一緒に喜んでくれるのです。


そして2015年、国別選手権のFS、最後の「オペラ座の怪人」の演技を終えて。

WTT2015 Yuzuru HANYU FS 3

リンクを後にする羽生選手の視線の先には、左腕にプーさんを抱えて彼を待つコーチの姿。

WTT2015 Yuzuru HANYU FS 5

WTT2015 Yuzuru HANYU FS 4

まっすぐに、その腕に飛び込んで行きます。

WTT2015 Yuzuru HANYU FS 1

長い長いシーズンを、最後まで戦い抜いた羽生選手を支え続けてくれたコーチ。

WTT2015 Yuzuru HANYU FS 6

世界選手権で、あと一歩に迫りながらハビエル選手に負けた事に、悔しがりの愛弟子がどんなに傷ついているか、オーサーコーチにはよくわかっている。

WTT2015 Yuzuru HANYU FS 2

だから、その時彼はこう言って、コーチへの深い感謝を伝えたのです。
I'm proud of me !! 






画像は以下の動画からお借りしました。ありがとうございます。
2012 スケートアメリカ・SP
2012 スケートアメリカ・FS
2012 NHK杯・SP
2015 国別対抗戦・FS

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「KENJIの部屋」第4回 世界最高得点「パリの散歩道」

羽生結弦選手エピソード4(前編)
トロントに拠点を移しブライアン・オーサーコーチに師事して、スケートアメリカでのSP「パリの散歩道」で出した、当時の世界最高得点。



2012 スケートアメリカ SP

95.07という高得点に「衝撃的だったんですよ。ジャンプの内容は完璧だったかもしれないけれども、うまくできてない事もけっこうあったんですよね」

Yuzuru Hanyu - SA 2012 13

「90っていうと当時だと、パトリック選手がノーミスして92、3の時代だったので、90なんて出したらもう異次元だったんですが、出ちゃったのですっごいびっくりしたのを覚えています」

けれどもどうでしょう、オーサーコーチと喜び合ってはいますが、無条件に懐に飛び込む、というほどの親しみはないような気がします。
コーチに師事してからまだ半年ほどですし、言葉の壁も大きかったでしょう。
この二人が本当の信頼関係を築いて思いきりハグしあえるのは、次々と羽生選手を見舞う苦難を、一緒に乗り越えていく道のりを通してだったのかもしれません。

「そしたらフリーがボロボロになりましたけど」
「その年からショート得意、フリーボロボロパターンになってきたんです」
それは、フリーが苦手になったのではなくて、体力が付くのを待つことなく、構成をどんどん上げていったからなのでは。

こちらはスケートアメリカの前、フィンランディア杯でのFS「ノートル・ダム・ド・パリ」の演技です。
トロントに行って、どうしてもマスターするつもりの4回転サルコウ。
おそらくスケートアメリカでも、こういう演技をするつもりだったのでしょう。



とてもとても、褒めてくださっている解説がありがたくて胸が詰まります。

そして大失敗したスケートアメリカのあとでも、羽生選手のフリーは守りに入る事なく、次のNHK杯ではさらにジャンプ構成を上げ、初優勝するのですね。
だからとにかく、たとえ跳べる気がしなくても「とりあえず基礎点」です。
基礎点は、何としても取りに行く。
中国杯でも、転倒したとしても「4回転サルコウを跳べば10.5なので6はもらえる」。

毎年毎年、構成を上げて、ひたすら上昇し続ける羽生選手の基礎点。
去年の自分は絶対に超えて行くのだという意志表示、それが羽生選手の基礎点。
昨シーズン、アクシデントに阻まれて構成を上げることができず足踏みしてしまったことがどんなに悔しかったか。
去年と同じジャンプ構成だなんて、羽生選手にとっては屈辱なのだろうと思います。






画像は動画よりお借りしました。ありがとうございます。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR