クリケットクラブの羽生選手

garnetsuidyさんのインスタ

はっきりと、羽生選手の姿を確認できますね…!
少しずつ練習を再開している、というニュースから一週間ほどになります。
左足にもちゃんと乗れているようなのでよかった。
なめらかな動きに、「SEIMEI」を思い出しながら見ていました。
後ろの方からやってくるオーサーさんには、どうか羽生選手をよろしくお願いします。
羽生選手はこちらの方に来たかと思うと見切れてしまっているのですが、
誰かとてもきれいな動きの選手がいる、と思ったら、チャ・ジュンファン選手ですね。
クリケットにはどれだけ才能ある選手が集まってきているのでしょう。
あのリンクに戻れて本当によかった。
医療スタッフのアドバイスをよく聞いて、ゆっくりとリハビリしながら、再スタートしてくれますように。



スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

クリケットクラブのリンク

「氷の下に砂が敷き詰められており、ジャンプのランディングの衝撃が緩和される仕組み。コンクリートの上に氷を張る一般的なリンクに比べ、膝や股関節の怪我の防止になる。また氷の質も、空気を抜いた純度の高い水を凍らせるため氷面がなめらかだ。スケーティングの悪いクセがなくなり、基礎に忠実な美しいスケートを身に着けやすい」

「王者のメソッド」には、クリケットクラブのリンクの特徴がこのように書かれています。

少し想像してみても、コンクリートの床の上に氷を張るのと、砂の上に氷を張るのとでは、手間のかかり方、管理の難しさがどれだけ違うことだろうと思います。
うっかりすれば、氷に砂が混じってしまいそうですよね。
また、あの大きなリンクに氷を張りつめるのに、普通の水道の水ではなくて、空気を抜いた水を凍らせるとは、いったいどんな技術を使っているのでしょう。

丁寧に、緩衝の工夫がなされた、柔らかい氷。
空気が混じることさえ避けて、手間をかけ、美しく整えられた純粋な氷。
スケーターの身体を守り、正しい技術を磨くために、こだわり抜かれた氷。
一流のスケーターが育ち鍛錬を重ねていくために、プロフェッショナルが造ったリンクなのだろうと思います。

羽生選手はいつも、リンクに出ていくとき、上がってくるとき、氷への感謝を忘れません。
安心して身をまかせられる氷がどんなに貴重なものであるのか、何度も実感してきて、そこに祈りを込めている。
よい練習ができること、日々の安全と向上を願い、それを根底から支えてくれる氷が整えられる事のありがたさを、身に沁みて感じているのでしょう。


今、羽生選手の回復状態がどの程度なのかはわかりません。
でも、クリケットのリンクは、今日も彼を静かに待ってくれているだろうと思います。
やがてリハビリテーションを始める時には、きっと優しく迎え入れてくれるでしょう。
その感触に再び触れる時、もう一度原点に帰って、スケートの喜びを感じ取ってほしい。
身体と心をケアしてこそ、すべてを解放し、最高の技術の真髄を示しながら、観る人を真に感動させることができると思います。  



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「KENJIの部屋」第3回 トロント・クリケットクラブ

羽生結弦選手エピソード3(後編)
世界選手権3位になったのをきっかけにカナダに拠点を移し、ブライアン・オーサーコーチのもと、クリケットクラブで練習をはじめた羽生選手。

「あそこほんと良い環境ですよね。カナダ、特にクリケットは僕が選んだっていうのもありますし、選手のためっていう感じがものすごくありますね」
クリケットは僕が選んだ。さりげないけれど、はっきりと発言しています。
ホームリンクを2度失った経験のある羽生選手にとって、安心して長時間の練習ができる環境はなにより大切な事。

KENJI 3 2

「練習環境のありがたみっていうのはものすごく感じてるんですよ。だから、これだけ練習に集中もできて、アップも自分がしたいようにできて、クールダウンとかもそうですし、トレーニングに関しても何でもできる施設なので、ほんとに練習環境って大事だなあと今ものすごく痛感してます」

もちろんそれだけではなくて、
「結構合宿とかアイスショーだとか試合の公式練習とかで上達することがものすごくあるんですよ」
「ライバルじゃないですけど良いお手本がいる中でやりたいということを考えた時に、ちょうどその前の年に急成長してたハビエル・フェルナンデス選手がいる環境に行きたいなと。その環境に行けば、必然的にそのハビエルのジャンプが確率高くなった理由だってわかると思いますし、それにつられて自分が練習できればもっとうまくなれるなと思って」

と、思っていたら、スケーティングの基礎からやりなさいって言われたわけですが、それがまた飛躍につながったのですね。

アス魂 羽生結弦 2

それで、このように・・・

アス魂 羽生結弦 1

コーチとだけではなくて、ハビエル選手やナム選手と、お互いに励まし合える信頼関係も素敵です。
日本は練習環境ではない、というのも、率直な発言でした。
クリケットで、他に仲の良い選手は・・・なんだかちょっとはっきりしませんでした。
それも「言えないぞ?」だったのかも。


競争相手がいれば負けず嫌いに火がついて上手くなれる。
それだけではなくて、他の選手をよく観察して、自分の向上へのヒントにどんどん取り入れる。
それってすごいと思うのです。
負けず嫌いだからといって、相手を否定・批判の目で見るのではないのですね。
そう言えば、チャン選手におんぶして滑ってもらいたい、なんて言ってもいました。
大先輩であってもライバルであっても、相手のよいところを素直に認めて吸収していく。
貪欲なまでに学ぶ姿勢、柔軟な精神が、羽生選手の素晴らしさの一つだと思います。




画像は動画からお借りしました。ありがとうございます。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

浅田真央選手の復帰と羽生選手の謎

休養していた浅田真央選手が、正式に復帰を発表しましたね。
ソチから一年間の休養、ハーフハーフの気持ち、そして決意した復帰。
会見では、休養中のふわっとした彼女ではなく、アスリートのしっかりしたお顔になっていたと思います。

浅田真央

先日のチャン選手のインタビューでも感じたのですが、一流の選手が復帰するというのは、やはり大きな覚悟が必要な決断なのだとあらためて思いました。
複雑な心境を抱え、でも乗り越えて、もう一度試合に出ていく。
この一年間にいろんなことを体験をしてきて、やっぱりスケートを選んだ、その決意を応援します!


新しいシーズンに、お二人の、こんな楽しいシーンがまた見られたらいいですね。

浅田真央


ところでテレビ朝日さんはわざわざトロントまで羽生選手の取材に行ったのでしょうか?
よくわからないけれど、とにかく、元気そうな羽生選手の姿をひと目みられたのは至福でした。

「僕自身も、何回も何回もグランプリだとかファイナルだとかそういう所で一緒に試合をさせていただいているので、また戻ってくれたっていううれしい想いがあるとともに」

浅田真央

「また一緒に試合という舞台で日本代表として戦えることをすごくうれしく思います」

浅田真央

おお、さっそく「日本代表として」って言っています。
盟友が帰ってきてくれて、名実ともに日本を代表する選手として、また一緒に世界と戦ってくれる。
そんな喜びがあったのでしょう。


ところで、ここはクリケットクラブのリンクではないですよね。
クリケットのリンクは、フェンスがなくて真四角で、天井が中央に向って斜めになっているのに。
まさか日本?いえ、赤いバナーの文字がアルファベットに見えるので日本ではなさそうです。
いったい彼はどこのリンクで練習しているのでしょう。

そんな謎さえも、新しいプログラムに向けて元気に練習しているのだな、と、またわくわくさせてくれるのです。



画像は動画よりお借りしました

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

二つの顔

ナム・ニューエン選手がインスタグラムにあげてくれた羽生選手の写真。
本当に、半年ぶりに、クリケットに帰って練習してるのですね。
思いがけず、世界を廻る長い長い旅となってしまったこの半年。
ようやく自分の巣に戻ったかのように、生き生きとした姿の羽生選手です。

ただ、この写真は左右が反転しています。

クリケット2015

幼さの残る少年の顔をした羽生選手。
まるでいたずらっ子のような、純粋でかわいいお顔です。
目に力があって、喜びにあふれているのを感じます。


この反転を元に戻してみました。

クリケット2015

やはり雰囲気が違うように見えます。
大人びて落ち着いたお顔で、いつもの羽生選手ですね。
上の写真よりは理知的な、聡明さを感じるお顔です。
それは少しの翳りをまとっているようにも思えます。

人の顔はもちろん左右対称ではないのですが、ふだん鏡で見ているのは反転した顔の方ですね。
羽生選手がいつも見ている自分のお顔は、上の写真の、少年のお顔のほうだということになります。
クリケットのリンクにも大きな鏡がありますし、鏡に映る自分の姿を見る機会も多いのではと思います。
ただし、普通の人よりも、映像や写真に撮られることがずっと多いのもスケーターです。
その場合は、下の写真のご自分をいつも見ているわけですね。

いったい羽生選手は、どちらの顔を自分のイメージとして自分で持っているのだろう、と考えてしまいました。
自分の持つ二つの顔、二つの面をどうとらえているのでしょう。

ピュアな感性の少年と、経験を積んだ知性ある大人の顔。
私たちがいつも見ているのは大人な羽生選手です。
でも、そこに隠れされている無垢な少年の顔を感じて、さらに彼に魅かれてしまうのかもしれません。






テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR