スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日に

今日は6月30日。
フィギュアスケートのカレンダーでは、2015-2016年シーズンの大晦日ですね。
明日から新しい一年が始まる、今日を境に、このブログからいったん離れさせていただきたいと思います。

今、羽生選手は長い休養から練習を再開し、新しい冒険を始めたばかりです。
私も、どこか新しい場所をみつけて再出発をしたいと思っています。

これからも、平昌オリンピックへ向けて羽生選手を応援したいと思います。
素晴らしい選手のみなさんへの尊敬と信頼を持って行きたいと思います。

新しい一年の始まりとともに、新プログラム、ルール改正、アサイン、そして、
シーズンを通してのピーキングと、オリンピックへの長い助走を見通していければと思います。

クリケットクラブのリンクに戻ってきた羽生選手の順調な回復と、
手術を受けたハビエル選手の速やかな快癒をお祈りしています。

あらためて、あの素晴らしいファンタジーオンアイスは、欠場した選手、故障を抱えている選手を、
みんなで補い合い支え合って実現した舞台だったのだと、感謝の気持ちでいっぱいです。

読んでくださったかた、コメントをくださったかたに、心からのお礼を申し上げます。

お引越し先はこれから探そうと思っているので、このブログはこのまま残しておきます。
それでは、今まで本当にありがとうございました。


y.f
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

フィギュアスケートLife Vol.6…4回転の未来

羽生選手もハビエル選手も、高度な4回転を跳ぶ事による、ジュニア選手の故障について気にかけてくれています。

羽生選手。
「どんどん技術が進化していくにあたって、身体にあわない技術の進歩が見られてきているのかな」
「山本選手も含めて、やはりちょっと身体に負担が大きいのかなという感じが、なくはない」

ハビエル選手の提言はさらに具体的です。
「どこかの時点で国際スケート連盟が制限を設けるべきだ」
「4回転ジャンプというのは本当に爆発的な力が身体にかかるんです」
「若い選手たちは、まだまだ時間があるのだということを理解していない」

まだ骨の成長途中にあるジュニアの選手たちが、「今」勝ちたいという気持ちの強さのあまりに、将来を考えない。
自分自身の経験から、ハビエル選手は、彼らの挑戦に理解を示しながらも警告しています。
4回転が跳べるようになること、それは若い選手にとって素晴らしくうれしい事だとよくわかるからこそ。
彼らへの思いやり、スケート界全体への愛情を感じます。

そして、さらに大先輩であり、公式戦で初めて4回転を跳んだカート・ブラウニングさんのお話を、青嶋正さんが伝えてくださっています。

「4回転は身体にとって大きなダメージだと理解していた」
「4回転というのはキャパシティがあるイメージ。例えば現役のうちに1000回跳べる、みたいな」

五輪で勝ちたいなら逆算して、ジュニアの時から考えていく必要がある。
今この時に4回転を跳ぶ必要があるのか、と。
とても興味深いお話だと思います。

ジュニアワールドへ出発直前に怪我をした選手。
エキシビションで4回転を跳んで怪我をした選手。
まだ若い彼らの身に起きたことを考えると、将来ある才能を育ててゆく事の重さを痛感します。
次のシーズンから、彼らが元気に復帰してくれますように。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

クリケットクラブの羽生選手

garnetsuidyさんのインスタ

はっきりと、羽生選手の姿を確認できますね…!
少しずつ練習を再開している、というニュースから一週間ほどになります。
左足にもちゃんと乗れているようなのでよかった。
なめらかな動きに、「SEIMEI」を思い出しながら見ていました。
後ろの方からやってくるオーサーさんには、どうか羽生選手をよろしくお願いします。
羽生選手はこちらの方に来たかと思うと見切れてしまっているのですが、
誰かとてもきれいな動きの選手がいる、と思ったら、チャ・ジュンファン選手ですね。
クリケットにはどれだけ才能ある選手が集まってきているのでしょう。
あのリンクに戻れて本当によかった。
医療スタッフのアドバイスをよく聞いて、ゆっくりとリハビリしながら、再スタートしてくれますように。



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

フィギュアスケートLife Vol.6…パトリック選手とトリプルアクセル

名選手であっても、トリプルアクセルの苦手な選手は少なくないようです。
羽生選手が次々と新しい技に挑戦して来れたのも、盤石で美しいトリプルアクセルがあるからこそ。
ソチでの金銀を分けたのも、パトリック選手が最後に跳んだアクセルだったかもしれません。

パトリック選手のような大選手が、
「安定したトリプルアクセルを跳べるようにならずに引退していたら、僕は自分自身を許すことができなかっただろう」
「3度世界チャンピオンになったけれど、それなしでは真に自分が世界チャンピオンだとは言えなかったと思います」
と、正直に話しています。
パトリック選手にとってほとんど唯一の弱点だったアクセルです。
休養し復帰して、それからなお自分に足りないところを克服し前進しようとする態度。
素晴らしい努力だと思います。

ある時期までは、男子で2Aを入れている選手は珍しくなかったと思います。
でもあっという間に、それでは勝てない時代になりました。

羽生選手は「アイスジュエルズ」で、
「自分自身が彼の構成を変えるぐらいの選手になれたことが嬉しい」と話しています。
いつも目標にしてきたチャン選手の存在を、羽生選手は今でもずっと見つめ追いかけているのだと思います。

宇野昌磨選手についてもチャン選手は、「彼は僕が経験したことをこれから経験するのです」と言ってくれています。
その後宇野選手は、あっという間に4Fを習得していきました。
才能あるスケーターたちがそれぞれの時代を築き、お互いに影響しあいながら歴史を織りなしていく。
世界選手権はそんな素晴らしい連鎖の場でもありました。

そして、パトリック選手の氷を見極める深い眼差し。
時には氷の質について進言してくれるのも、実績のある選手だからこその役割を果たしてくれているのだと思います。

ソチからのパトリック選手の二年間は、本当に長い戦いだったと思います。
迷っていたけれど、平昌まで現役を続けてくれるという。
圧倒的なスケーティングを武器にしてきたチャン選手が、高難度ジャンプ時代の到来に順応しようとしてきた、長い葛藤を思います。

5位に終わったことはがっかりしているけれど、
「会場にエネルギーが満ちていて、自分が生きていることが素晴らしいと感じた」。
そんな幸福感にあふれた演技を、これからも届けてくれますように。


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「休ませる勇気を持てなかった」

「SPUR」8月号の宇都宮さんの記事をめぐって、思った事を少し書いてみたいと思います。
申し訳ありませんが立ち読みです。

現在、ANAの監督である城田さんは、羽生選手にとって、長く支えてきてくれた大切な恩人なのだと思います。
実体のよくわからない「チーム羽生」だけれど、おそらく現在のリーダーは城田さんなのでしょう。
城田さんは、羽生選手にとって世界選手権の2位がどんなに悔しい負けなのか、自分の事として受け止めているのだと思います。
そして、羽生選手の足の痛みも、自分の痛みのように辛く感じていたのではないかと思いました。

ワールドの時、オーサーコーチは、羽生選手の様子をちゃんと見ていなかったのでは。
怪我が重たいのは羽生選手の方なのに、ハビエル選手に目が行っていたのでは。
そんな疑問の声が、ネット上にあったと思います。

でも、この記事からは、羽生選手の近くにいてサポートし、判断していたのはオーサーさんではなく城田さんであり、城田さんはその責任を重たく感じているのだと読み取れます。

…ショートのあとで、足の腫れを冷やしてあげればよかった。
公式練習を休ませればよかった。
詰めが甘かった。
休んでいたら羽生が勝っていた。

「休ませる勇気を持てなかった」と、ご自分の失策を率直に認めた城田さんの、反省と後悔の、どうしようもない苦さが伝わってきました。

眠れなかったと言っていた、練習にアンダーアーマーを忘れてきた羽生選手の姿を思い出します。

たくさんの選手を長くサポートして来られた城田さんにして、返す返すも、残念なことでした。

でも今、トロントにいてリハビリ途中の羽生選手を、その反省のもとでサポートしてくださっているのなら、ありがたいなと思います。

城田さんはコーチではないので、オーサーさんとの権限の住み分けはできているのだろうと思います。
ですが、羽生選手に限らず、世界で戦っていく選手にとって、身内のようになぐさめ一緒に泣いてくれる、心許せる人が必要なのと同じように、第三者的にアドバイスをしてくれる、時には苦言を言って諌めもしてくれる人も、また必要なのだと思います。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

そして、長野のファンタジー

ファンタジーオンアイス2016の長野公演も素晴らしいショーのようですね。
BS放送が7月9日なので、楽しみに待ちたいと思います。
特に、ランビエールさんが振付けたという宮原知子選手の新しいエキシビション…!
ランビエールさんが引き出してくれた彼女の新しい魅力に期待です。

そして、クーリックさんとキャンデロロさんの、長野オリンピックメダリストの共演。
ただしキャンデロロさんはこれ以上無理をしないようにお願いしますね。

それから、マリーピエール・ルレさんの空中フラフープは、彼女の御主人が地上からワイヤーを引いていたとは!
まさに命綱で繋ぎ合った、ご夫妻の信頼だったのですね。
天上から吊り下げられている大きな装置の枠が、演技と一緒にゆっくりと揺れていたのを思い出します。


でも何と言っても羽生選手のビデオメッセージです。
メッセージの内容は神戸と同じだったのですね。

…と、言うよりも、神戸では、ビデオメッセージの音声だけを流した。

こちらが、ごく自然な表現だと思います(笑)

4箇所の公演で一段ずつを昇って、この頂点まで到達しましたという感じですね。
それもショービジネスの一環、演出なのでしょう。
できることなら出演したかっただろう羽生選手には、これだけ伝えてくれたらもう充分です。
一度の録画ですんだのも、彼の負担にならなくてよかったと思います。

神戸の音声では、羽生選手の息づかいがすぐそこにあるように聞こえました。
古いラジオを聴くように耳を澄ませることができたのは、やはり幸せなひとときでした。

映像の羽生選手の表情から何を感じ取るかは、その人それぞれの感覚によるのでしょう。
でも、内容から言っても、静かに話すのが自然だろうなと思います。
笑顔がないとか、あまり心配すると「病んでないですよ。笑 」なんて、また言われてしまうかもしれません。(笑)
織田さんの言葉通り、大丈夫、すぐに跳べるようになりますから。


ファンタジーオンアイス2016のツアーも明日でいよいよフィナーレですね。
来年はどうなるのかわからないけれど、いつか、何年か先でいいから、「You Go Your Way」のコラボレーションを観ることができますように。
それまでは、幸せな約束をプレゼントされたようにして、空想の中で幻の演技を育てていくのもいいかな、と思います。


…ハビエル選手が4Loを降りたのですね。

素晴らしいファンタジーをありがとう!



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

神戸のファンタジー その4

白いジョニーの「月光」。
福間さんの三連符のピアニシモに、彼の滑走音が響いていく。
赤いジョニーの「ビヨンセメドレー」。
いつも自分の美学を貫いていく彼。

ランビエールさんが爛熟のヨーロッパなら、バトルさんは清新な北アメリカの演技。
対照的な個性が魅力だと思う。
Earth, Wind & Fireの「宇宙のファンタジー」は、オペラシンガーの歌う不思議な世界だった。
映画「フィフス・エレメント」を思い出す。


そして最後に、出演者全員でのエンドロール、「威風堂々~明日への賛歌」。
通っていく川畑さんの声と、響いていく鈴木さんの声とのハーモニー。
舞踏会のように正装した、優雅で高貴な紳士と淑女。
なめらかに流れるように、端正なフォーメーションで、音楽のフレーズをリンクに描いていく。
その優美さは、スケートは貴族のスポーツなのだと誇り高く宣言していた。


羽生選手が出場していないことで、このショーを楽しんでいいのかどうか、少し迷う気持ちもあった。
右脳と左脳が別々のことを言ってくるように感じたりもした。
でもここは、そんなレベルの場所ではなかった。
スケートと音楽にはそれだけの、人を動かし惹きこんでゆく力があった。

フィナーレの、巻き起こる喝采のなかで考えていた。
「THE ICE」の大阪公演なら行けるかもしれない。
まだチケットは取れるだろう。
浅田選手、パトリック選手、高橋さんが観たい。
もちろん、宇野昌磨選手も。宮原知子選手も…!
次の旅への準備をしようと思った。

ありがとう、神戸。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yuzurufight

Author:yuzurufight
読んでくださってありがとうございました

あたらしい記事
あたらしいコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

羽生結弦 世界選手権 SEIMEI バラード1番 オペラ座の怪人 NHK杯 ファンタジーオンアイス ファイナル 宇野昌磨 天と地のレクイエム オーサーコーチ 国別対抗戦 パトリックチャン 全日本 宮本賢二 野村萬斎 高橋大輔 フェルナンデス ソチオリンピック 浅田真央 織田信成 FaOI 町田樹 オータムクラシック 小塚崇彦 KENJIの部屋 全日本選手権 プルシェンコ 無良崇人 能登直 宮原知子 中国杯 スケートカナダ 陰陽師 デニス・テン 佐野稔 パトリック・チャン ナム・ニューエン 本田武史 村上大介 FaOI 24時間テレビ チーム・ブライアン ハビエルフェルナンデス ファントム アイスジュエルズ 鈴木明子 Number 四大陸選手権 パリの散歩道 ボーヤン・ジン クリケットクラブ あさイチ ビリーヴ DOI オリンピック 平昌オリンピック 都築章一郎 ガーナ 山本草太 阿部奈々美 ボーヤンジン クリアファイル 安倍晴明 フィギュアスケートTV スポーツ酒場語り亭 安藤美姫 盛岡エキシビション ジェフリー・バトル 野口美恵 手術 NHK杯 ショパン ジョニー・ウィアー 本郷理華 八木沼純子 シェイ=リーン・ボーン 荒川静香 花になれ ロッテガーナ 衣装 NHK バスクリン ブライアン・オーサー シェネル 中日賞 ロッテ DOI 樋口新葉 村上佳菜子 スケートアメリカ デニステン 磯田道史 パパダキス フィギペディア アドラー ロミオとジュリエット 4回転 ロミオ+ジュリエット 四大陸 松岡修造 世阿弥 短歌 ロシア杯 村主章枝 トリプルアクセル フランス杯 仙台 世界ジュニア 花は咲く アオーレ長岡 トロント 俳句 闘争本能 ANA COC カナダ杯 ハビエル・フェルナンデス TCC 羽生結弦語録 リスフラン靭帯 ヤグディン 悲愴 樋口豊 カナダ選手権 欧州選手権 紅白 情熱大陸 スケーティング スターズオンアイス はたちの献血 ザヤックルール ナムニューエン アディアン アイスリンク仙台 岡崎真 ジャパンオープン きき湯 トゥクタミシェワ グレイシー・ゴールド ランビエール キシリトールホワイト 井上怜奈 G2 ジュベール イーグル 劇団四季 宇都宮直子 殿、利息でござる! 本田真凛 ジョニーウィアー フィギュアスケートLife 華原朋美 コーラスライン ティモシー・ゲーブル 川畑要 ラトデニ 4Lo 白岩優奈 ツィメルマン フロー ライフ ウィルソン フィギュアスケートライフ グランプリファイナル 献血キャンペーン 本田真凜 福間洸太朗 家庭画報 ジェフリーバトル 報道ステーション ブライアンオーサー Believe 献血 青嶋正 茂木健一郎 AERA 西野友毬 朝日スポーツ大賞 無私の日本人 題名のない音楽会 バレンタイン 長洲未来 清塚信也 シェイリーン 太田由希奈 ニューイヤーオンアイス ファイナルタイムトラベラー ネイサンチェン ケヴィンレイノルズ ゾーン 

あたらしいアイテム
検索はこちらから
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。